So-net無料ブログ作成
司法書士試験・民訴等 ブログトップ
前の10件 | -

もうすぐ7月 でも、まだ1週間ある! [司法書士試験・民訴等]



  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日の名古屋は雨でしたが、蒸し暑い1日でした。。

 今日も蒸し暑くなりそうな感じではありますが、体調管理には
気をつけて過ごしましょう。

 さて、明日で、6月も最後。いよいよ7月です。

 去年の本試験は7月1日だったのですが、今年の本試験は、7月
7日(日)です。

 個人的には、本試験まで準備期間が多ければ多い方がいいと思
っているので、ぜひこの有利な日程を生かしたいですよね。

 やるべきことは、とにかくこれまでの学習の繰り返しですから、
知識を上書きできる日が多いなら、それに越したことはありません。

 すべての状況を前向きにとらえて、合格を信じて突き進んでいっ
てください。

 では、今日は、民訴の過去問です。

 ぜひ復習のきっかけにしてみてください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 手形訴訟の原告が、訴訟を通常の手続に移行させる申述をするに
は、被告の承諾を得なければならない(平6-5-1)。



Q2
 手形訴訟の被告は、原告の承諾なしに通常訴訟への移行を申し立
てることができる(平1-6-2)。



Q3
 被告が少額訴訟を通常の手続に移行させる旨の申述をするには、
相手方の同意を要する(平16-1-オ)。



Q4
 裁判所が、期日を続行して少額訴訟による審理及び裁判を行うた
めには、当事者の同意を得ることが必要である(平21-5-オ)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


2019目標のみなさん、ありがとうございました! [司法書士試験・民訴等]




  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日は久しぶりに暑い1日でしたね。

 そんな昨日、6月20日(木)は、直前期のオプション講座の
最終回でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 2019目標のみなさんにとっては、昨日が本試験前の最後の
講義ということになりました。

 まずは、ここまで本当にありがとうございました!

 2019目標のみなさんも、途中で来なくなってしまった人が
とても少なくて、本当に感謝しています。

 司法書士試験の勉強はやることも多くて大変だったと思いま
すが、その分、学習してきたことが実務でもすぐに役立ちます。

 とても実務色の強い試験ですからね。

 そして、本試験までたどり着くのもなかなか大変なことです
から、本試験を受けるみなさんは、まず、その点に自信を持っ
てもらいたいなといつも思いますね。

 試験ですから、絶対というものはありません。

 ですが、自分のできる限りのベストをぶつけて、ぜひとも合格
を勝ち取って欲しいと思います。

 そして、令和最初の合格者になろうじゃありませんか。

 合格することだけを考えて、本試験までの残りの期間を乗り
切っていきましょう。

 では、今日は、民訴の過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 合議体の裁判官の過半数が交代した場合において、その前に尋
問をした証人について、当事者がさらに尋問の申出をしたときは、
裁判所は、当該証人の尋問をしなければならない(平12-4-1)。



Q2
 証人尋問及び当事者尋問のいずれについても、呼出しを受けた
証人又は当事者が正当な理由なく出頭しない場合の制裁として、
過料の規定が民事訴訟法に定められている(平24-4-オ)。



Q3
 書証の申出は、文書を提出してするか、文書提出命令の申立て
をしてしなければならない(平19-3-5)。



Q4
 文書の提出を命ずる決定に対しては、当事者は、即時抗告の申
立てをすることができない(平4-1-2)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


今週末は模擬試験、頑張ってください! [司法書士試験・民訴等]



  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日、6月13日(木)は、スキルアップ講座の第9回目の講義でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 スキルアップ講座も終盤の終盤、次回で終了となります。

 ということは、本試験まであと少し、ということになりますね。

 昨日は、民事保全の続きから供託・司法書士法、憲法・刑法の総まと
めをしました。

 それぞれ、近年の出題実績や今年出そうなテーマの出題予想を含めて
解説をしましたので、それらを参考に、残りの期間の復習に役立ててく
ださい。

 では、今回は、その中から供託法に関する過去問をピックアップして
おきます。

 供託は、ぜひとも3問得点できるように、しっかりと準備をしておき
ましょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 同一人が数個の供託について同時に供託金の還付を請求しようとする
場合においては、払渡請求の事由が同一であるときであっても、一括し
てその請求をすることができない(平27-10-イ)。



Q2
 金銭債権の一部が差し押さえられた場合において、第三債務者が差押
えに係る債権の全額に相当する金銭を供託したときは、執行債務者は、
供託金のうち、差押金額を超える部分の払渡しを受けることができる
(平26-11-ウ)。



Q3
 第三債務者は、金銭債権の一部に対して仮差押えの執行がされた後、当
該金銭債権のうち仮差押えの執行がされていない部分を超えて発せたれた
仮差押命令の送達を受けたときは、その債権の全額に相当する金銭を供託
しなければならない(平29-10-イ)。



Q4
 金銭債権の全部に対して仮差押えの執行がされた後、当該金銭債権の一
部に対し差押えがされたときは、第三債務者は、当該金銭債権の全額に相
当する金銭を供託しなければならない(平18-10-ア)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


本試験まであと1か月。頑張ろう!! [司法書士試験・民訴等]



  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!

 昨日は、日中、暑かったですね。

 ですが、予報見ると、今日から天気悪くなるせいか、そこまで
暑くならないみたいですね。

 さて、昨日、6月6日(木)は、直前期対策のスキルアップ講座
でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日は、民訴系の総まとめをしました。

 民訴系から供託法・司法書士法までの11問でいかに得点できる
かが、午後の択一突破の鍵を握ると思っています。

 ですので、ここで確実に得点ができるように、昨日の講義での
解説を参考にしてもらい、残り1か月でできる限りの準備をして
おいてください。

 また、スキルアップ講座も、残すところあと2回となりました。

 講義内でもお話ししましたが、その2回では、残りの供託法・司
法書士法、憲法・刑法の分析・まとめのほか、できる限り、記述式
についてもまとめていく予定です。

 では、今回は、ぜひ1問得点したい民事保全法から、いくつか過
去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 仮差押命令は、本案の管轄裁判所又は仮に差し押さえるべき物の所
在地を管轄する地方裁判所が管轄する(平3-8-1)。



Q2
 仮差押命令の申立ては、簡易裁判所に対してすることはできない
(昭60-2-2)。

 

Q3
 保全異議の申立て又は保全取消しの申立てについての決定には、理
由を付さなければならず、理由の要旨を示すことでは足りない(平23
-6-オ)。



Q4
 仮の地位を定める仮処分命令に対し保全異議の申立てがあった後に、
当該仮の地位を定める仮処分命令の申立てを取り下げるには、債務者の
同意を得ることを要する(平26-6-オ)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


今日から6月! [司法書士試験・民訴等]




  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!

 少しゆっくりめの更新となってしまった週末の朝です。

 昨日は、昼も涼しくて過ごしやすい1日でしたよね。

 こういう日が続いてくれるといいですが、どうでしょう。

 それはさておき、今日から6月ですね。

 1年も、もう半分が過ぎたわけです。早いものです。

 そして、本試験まであと約1か月。

 いい状態で本試験当日を迎えられるようにしたいですね。

 では、今日の過去問です。

 今回は、民事訴訟法です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 合議体の裁判官の過半数が交代した場合において、その
前に尋問をした証人について、当事者がさらに尋問の申出
をしたときは、裁判所は、当該証人の尋問をしなければな
らない(平12-4-1)。



Q2
 証人尋問及び当事者尋問のいずれについても、呼出しを
受けた証人又は当事者が正当な理由なく出頭しない場合の
制裁として、過料の規定が民事訴訟法に定められている
(平24-4-オ)。



Q3
 書証の申出は、文書を提出してするか、文書提出命令の
申立てをしてしなければならない(平19-3-5)。



Q4
 文書の提出を命ずる決定に対しては、当事者は、即時抗
告の申立てをすることができない(平4-1-2)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


本番のつもりで模擬試験を受けよう [司法書士試験・民訴等]




  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日は、1日曇りだったせいか、涼しい1日でしたね。

 とても過ごしやすかったです。

 ただ、もうすぐ夏ですし、いつも言っていることでは
ありますが、体調管理には十分気をつけてください。

 日中と朝晩の気温差が大きいせいか、風邪を引いてい
る方も割と多いみたいですからね。

 さて、昨日の土曜日、模擬試験を受けた方、お疲れさ
までした!

 また、今日の日曜日受ける方、本番のつもりで受けて
きてください。

 予備校で受けるからあまり実感はないかもしれません
が、試験が始まるまでに何をチェックするか。

 午前が終わって、午後が始まるまではどう過ごすか。

 こういうところを、今のうちからしっかり準備をして
おくことが大切です。

 そして、本試験の当日も、こうして本ブログを更新し
ますので、勇気づけに覗いて欲しいと思います。

 もちろん、当日は、いつものような過去問のピックア
ップはしませんけどね。

 何はともあれ、今日の模擬試験を受ける方、頑張って
きてください!

 では、今日は民事訴訟法をピックアップしておきます。

 今日受ける方、午後の最初の11問でどれだけ得点でき
るか、一つの目標にしてみてください。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 合議体の裁判官の過半数が交代した場合において、そ
の前に尋問をした証人について、当事者がさらに尋問の
申出をしたときは、裁判所は、当該証人の尋問をしなけ
ればならない(平12-4-1)。



Q2
 証人尋問及び当事者尋問のいずれについても、呼出し
を受けた証人又は当事者が正当な理由なく出頭しない場
合の制裁として、過料の規定が民事訴訟法に定められて
いる(平24-4-オ)。



Q3
 書証の申出は、文書を提出してするか、文書提出命令
の申立てをしてしなければならない(平19-3-5)。



Q4
 文書の提出を命ずる決定に対しては、当事者は、即時
抗告の申立てをすることができない(平4-1-2)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


直前期の対策・供託法 [司法書士試験・民訴等]




  復習 供託・司法書士法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!

 昨日の昼間は、少し暑いくらいでしたね。

 今年の夏は、去年ほどの猛暑でないといいなと祈るばかり
ですね。

 さて、早速ですが、いつものように過去問を通じて、復習
をしておきましょう。

 今日は、直前期のみなさん向けということで、供託法をピッ
クアップします。

 供託法は3問出題されるわけですが、午後の科目の中でも、
得点源にすべき科目の一つが供託法です。

 この直前期にしっかりと先例を振り返り、確実に3問得点
できるように準備をしておきましょう。

 今回は、弁済供託です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 建物の賃貸借における賃料の増額について当事者間に協議
が調わない場合において、賃借人が賃貸人に従来の賃料と同
じ額を相当と認める額として弁済の提供をしたのに対し、賃
貸人がその受領を拒否したときは、賃借人は、その額の弁済
供託をすることができる(平25-9-エ)。



Q2
 公営住宅の家賃が値上げされた場合であっても、賃借人は、
従前の家賃を提供し、その受領を拒否されたときは、受領拒
否を供託原因として供託をすることができる(平3-12-4)。



Q3 
 建物の賃貸借人は、賃料の増額請求を受けた場合において、
賃貸人から従来の賃料の受領をあらかじめ拒まれ、目下係争
中であるときは、現実の提供又は口頭の提供をすることなく、
受領を拒まれた後に発生した賃料を供託することができる
(平24-10-ア)。



Q4
 借家人が家主から明渡請求を受け、目下係争中であるため、
当該家主において家賃を受領しないことが明らかであるとき
は、当該借家人は、毎月末日の家賃支払日の前にその月分の
家賃につき弁済供託をすることができる(平20-9-エ)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


今日から願書の受付、スタートです! [司法書士試験・民訴等]




  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 長いGW期間もついに終わりましたね。

 今日から仕事、学校という方、長い連休明けは大変ですが、
頑張ってください!

 また、すでに何回か告知していますが、今日から今年の本
試験の願書の受付期間が始まります。

 期間は、5月7日(火)から5月17日(金)までです。

 個人的には、早めの提出をオススメしています。

 また、験を担ぐのも大事だと思いますので、自分にとって
縁起のいい日に提出しましょう。

 では、今日もいつものように過去問をピックアップしてお
きます。

 今回は、民事訴訟法です。

 午後の択一の最初の11問での得点、基準点突破のためにと
ても大切です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 当事者双方が、連続して2回、口頭弁論の期日に出頭せず、
かつ、その後1か月以内に期日指定の申立てがされなかった
場合には、当該期間の経過時に訴えの取下げがあったものと
みなされる(平27-5-ア)。



Q2 
 本案の終局判決後に訴えを取り下げた場合には、当事者双
方ともに同一の訴訟物について訴えを提起することができな
い(昭62-1-4)。



Q3
 請求の放棄及び請求の認諾は、いずれも弁論準備手続の期
日において行うことができる(平22-5-ウ)。



Q4
 請求の放棄は、和解の期日においてもすることができる
(平27-5-エ)。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


令和最初の講義に感謝です。 [司法書士試験・民訴等]



  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!

 昨日は、令和元年5月1日(水)、令和最初の講義でした。

 昼は、20か月コースのまとめ講義、夜は、5月開講の1年コースの
全体構造編のまとめの講義でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 まず、20か月コースのまとめ講義ですが、昨日は、総則編から物権
編の途中までを振り返りました。

 いいタイミングでの、これまでの講義の振り返りだったと思います。

 この講義の中でお話をした振り返りの方法、その時期、今後、講座
が進んでいく中でも、ぜひ実践していって欲しいと思います。

 そうすれば、必ず、実力アップに繋がります。

 そして、次回のまとめ講義では、今回の続きを振り返っていきます。

 また、5月開講の1年コースの全体構造編のまとめの講義に、体験で
受講していただいたみなさん、お疲れさまでした!

 GWでお休みの中、参加していただき、本当にありがとうございます。

 できる限りではありますが、今後の学習の進め方、民法の改正点など
をお話しさせていただきました。

 今後の受講の参考にしていただけたらと思います。

 受講していただいた際には、我々の方で合格のためのサポートをしっ
かりとしていきますので、ともに頑張っていきましょう!

 不明な点があれば、またいつでも気軽に問い合わせてください。

 また、今後の受験勉強に、本ブログを活用してもらえると幸いです。

 では、いつものように過去問をピックアップしておきます。

 今回は、直前期のみなさん向けに、民事執行法の過去問です。

 復習のきっかけに役立ててください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 金銭債権の一部が差し押さえられた後、その残余の部分を超えて別に
差押命令が発せられたときは、各差押えの効力が及ぶ範囲は、当該金銭
債権の全額を各債権者の請求債権の額に応じて按分した額に相当する部
分となる(平28-7-ウ)。



Q2
 執行裁判所は、差押債権者の申立てにより、支払に代えて券面額で差
し押さえられた金銭債権を差押債権者に転付する命令を発することがで
きる(平28-7-オ)。



Q3
 差し押さえた債権に譲渡禁止特約が付されているときは、その債権に
ついては、転付命令を発することはできない(平18-7-4)。



Q4
 転付命令が第三債務者に送達されるときまでに、転付命令に係る金銭
債権について他の債権者が差押えをしたときは、転付命令は、その効力
を生じない(平12-6-オ)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


直前期対策 民訴系の復習 11問目指そう! [司法書士試験・民訴等]



  復習 民訴等(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!

 4月も下旬に入り、令和までカウントダウンという時期に
なってきましたね。

 また、今日は、2020目標の1年コースの民法の講義です。

 前回の代理からの続きになりますので、まずは、前回の
講義の内容をよく振り返っておいてください。

 予習と復習のリズムを、しっかりと作っていってください。

 では、今日の過去問です。

 今回も、今年の本試験の直前期のみなさん向け、というこ
とで、民事保全法をピックアップします。

 本試験では、民訴系から供託・司法書士法までの11問、こ
こでの得点が基準点突破のカギを握ります。

 その中でも、民事保全法は、得点しやすい科目ですから、
確実に得点できるように準備をしておきましょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 債務者が仮差押命令に対して保全異議を申し立てる場合に
は、2週間以内に、その命令を発した裁判所に申立てをしなけ
ればならない(平21-6-5)。



Q2
 保全命令の申立てを却下する裁判に対しては、債権者は告
知を受けた日から1週間以内に限り、即時抗告をすることが
できる(平14-7-ウ)。



Q3
 保全異議の申立ては、保全命令を発した裁判所又は本案の
裁判所にすることができ、本案の訴えの不提起による保全取
消しの申立ては、保全命令を発した裁判所にすることができ
る(平23-6-ア)。



Q4
 事情の変更による保全取消しは、保全命令を発した裁判所
又は本案の裁判所のいずれにも申立てをすることができる
(平15-6-ア)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


前の10件 | - 司法書士試験・民訴等 ブログトップ