So-net無料ブログ作成
司法書士のシゴト ブログトップ
- | 次の10件

司法書士の仕事と司法書士試験 [司法書士のシゴト]

今日は、我が事務所に、来客がありました。
かつて僕が所属していた事務所の先輩にあたる司法書士です。
この人は、とにかく元気(笑)
そのテンションはどこから生まれるの?、というくらいに元気。
こういうパワーは見習わないとな、と思いました。

ところで、今日は、久しぶりに司法書士のおシゴトの話です。
この記事覚えていますか?

未来発見プロジェクト

TAC名古屋校でのイベントで、司法書士の試験科目と実務という観点から話をしました。
余計なコトしゃべっとったせいで、できなくなった話のうちの一つが、建物の明渡しです。
今日の先輩司法書士も、我が事務所に立ち寄ったのは、明渡しの仕事のついでだったとか。
建物明渡しは、比較的、司法書士が関与する確率の高い仕事と思います。

僕が担当したのも、大家さんからの依頼で、賃料不払解除→建物明渡し、という事件でした。
あんまり細かいこと書くと長くなるので、またの機会に書きますけど、賃貸借はまさに司法書士試験でも必須ですよね。
建物明渡し自体は、訴訟→強制執行と続くので、そこは民訴関連ですけど、賃料不払解除はまさに民法の世界ですよね。
ちなみに、建物の明渡しは、民事訴訟法、民事執行法の講義で、それを交えながら話ができるといいなと思ってます。乞うご期待。

賃料不払は、債務不履行ですよね。
履行遅滞になりますが、その解除の要件は大丈夫ですか?
これが、まさに、こうした実務で役に立つのです。
裁判をするためにも、きちんとその手順を踏まないといけないですからね。

それに関連していうと、賃貸借、債務不履行解除、というキーワードから、他にどんな知識が思い浮かびますか?
色々と考えてみると、民法のいい復習になりますよね。
留置権や同時履行の抗弁やら、けっこうあったと思います。
賃貸借、大家さん(賃貸人)というキーワードもいいですね。
色々と思い出してみてください。
「何だっけな~、まっいいか!」で終わらないでくださいね(笑)

本日の1問は、また別の記事で。

未来発見プロジェクト(過去のハナシ) [司法書士のシゴト]

ブログ開設前、8月2日(土曜日)の話です。
TAC名古屋校で、他の資格との合同イベント「未来発見プロジェクト」を行いました。
僕も司法書士兼講師として、司法書士の魅力を存分に伝えてきました。

実は、このイベントで何を話そうか、当日までけっこう迷ってました。
このイベントにあたって、仲良くさせてもらってる社会保険労務士(社労士)の先生から、「〇〇な話だと聞きに行きたいな~♪」といわれていたので、それをヒントにあれこれ練りました。
誰もが聞きたくなるような話をしたいですからね。
こんな感じで、しゃべるほうとしては、なかなかネタに苦労するときもありまして・・・
それだけに、当日は、思ったより多くの人に来ていただいて、本当に感謝しています!

それで、司法書士って、そもそも何をする職業か知らない人が多いので、試験科目と実務の結びつきっていう視点から話をしました。
要するに、民法の知識は実務ではこんなところで役に立つんだよ、っていう感じです。
そんな話を、さほど多くはない僕の過去の実務経験から話をしてみました。
最近では、消滅時効の援用をやったので、そんな話や、刑法では、ヤミ金の手口とか。
そしたら、意外とこれが好評だったようで、アンケートの結果は上々でした。
調子に乗った僕は、秋開講のガイダンスでも、こういう話をしていこうと目論んでおります。
ぜひお近くの方は、ガイダンスにも来てみてください。

せっかくだから、ブログの中でも、ネタに困ったときに書いていこうと思いますが、司法書士試験って、試験科目が多いじゃないですか。
大変だと思いますか?
僕自身、受験生時代は大変だな、って思ってたんですが、でも、よく考えてみると・・・

それだけ、人の権利を守るのは大変ってことでもあるんですよね。
司法書士の仕事のメインは、人の権利を守ることです。
むずかしくいうと、権利の保全です。
大変だからこそ、それで報酬もいただけるわけです。
そう思うと、11科目の勉強も、また違ったモチベーションのUPになりませんか?
大変な思いで勉強をして、それが、仕事に直結するんです。
ムダな科目はないんですよね。

イベントに来ていただいた方の中には、「モチベーションが上がらなくて・・・それでこのイベントに来ました」という受験生の方もいました。
いかにモチベーションを維持してもらえるか、それも我々講師の役目でもあります。
改めて、そう感じたイベントでした。

本当は、自動車競売とかもっと面白い話もあったんですが、余計なことしゃべりすぎて、そこまで話せなかったのが残念だったなあ。
またこのイベントやりたいですね。
続・司法書士のおシゴト、って感じで。

そういえば、この話のヒントをくれた社労士の先生は、結局、当日、来ていただけませんでした♪
- | 次の10件 司法書士のシゴト ブログトップ