So-net無料ブログ作成

直前期の対策・供託法 [司法書士試験・民訴等]




  復習 供託・司法書士法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!

 昨日の昼間は、少し暑いくらいでしたね。

 今年の夏は、去年ほどの猛暑でないといいなと祈るばかり
ですね。

 さて、早速ですが、いつものように過去問を通じて、復習
をしておきましょう。

 今日は、直前期のみなさん向けということで、供託法をピッ
クアップします。

 供託法は3問出題されるわけですが、午後の科目の中でも、
得点源にすべき科目の一つが供託法です。

 この直前期にしっかりと先例を振り返り、確実に3問得点
できるように準備をしておきましょう。

 今回は、弁済供託です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 建物の賃貸借における賃料の増額について当事者間に協議
が調わない場合において、賃借人が賃貸人に従来の賃料と同
じ額を相当と認める額として弁済の提供をしたのに対し、賃
貸人がその受領を拒否したときは、賃借人は、その額の弁済
供託をすることができる(平25-9-エ)。



Q2
 公営住宅の家賃が値上げされた場合であっても、賃借人は、
従前の家賃を提供し、その受領を拒否されたときは、受領拒
否を供託原因として供託をすることができる(平3-12-4)。



Q3 
 建物の賃貸借人は、賃料の増額請求を受けた場合において、
賃貸人から従来の賃料の受領をあらかじめ拒まれ、目下係争
中であるときは、現実の提供又は口頭の提供をすることなく、
受領を拒まれた後に発生した賃料を供託することができる
(平24-10-ア)。



Q4
 借家人が家主から明渡請求を受け、目下係争中であるため、
当該家主において家賃を受領しないことが明らかであるとき
は、当該借家人は、毎月末日の家賃支払日の前にその月分の
家賃につき弁済供託をすることができる(平20-9-エ)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら