So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不動産登記法の得点源にしたいテーマ [復習 不登法・総論]




  復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク)




 おはようございます!


 昨日はかなり寒い1日でしたよね。


 今朝も、昨日ほどじゃないにしても、寒いですね。


 布団の中が気持ち良すぎて、なかなか起きられない日々が続きます(笑)


 引き続き、インフルエンザなどには気をつけていきましょう。 


 さて、いつものように過去問をピックアップしておきます。


 今回は、久しぶりにような気がしますが、主登記・付記登記に関する問題です。


 ここは、よく出るテーマですし、また、得点源にすべきテーマなので、スパスパッと答えられるようにしておきましょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 根抵当権の極度額の変更の登記は、付記登記により行われる(平21-23-ア)。


Q2
 抵当権の利息の組入れの登記は、付記登記によらないで登記される場合がある(平22-18-エ)。


Q3
 買戻期間の満了による買戻権の登記の抹消は、付記登記により行われる(平21-23-イ)。



Q4
 抵当権の設定の登記の破産法による否認の登記は、付記登記でされる(平2-24-エ)。


Q5
 所有権の更正の登記は、付記登記によらないで登記される場合がある(平22-18-ア)。


Q6
 登記の目的である権利の消滅に関する定めは、付記登記によらないで登記される場合がある8平22-18-ウ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら