So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

年明けの復習 不動産登記法・総論 [復習 不登法・総論]



  復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 少し遅めの更新となりました。


 正月期間中ということで、ご容赦ください。


 ということで、早速ですが、今日の復習といきましょう。


 今回は、不動産登記法の択一でよく出題される主登記、付記登記に関する問題です。


 このあたりは、結論知っているか知っていないかというところなので、スパスパッと判断できるようにしていきましょう。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 抵当権の利息の組入れの登記は、付記登記によらないで登記される場合がある(平22-18-エ)。


Q2
 転借権の登記の抹消の登記は、付記登記によってする(平27-19-イ)。


Q3 
 抵当権の設定の登記の破産法による否認の登記は、付記登記でされる(平2-24-エ)。


Q4
 所有権の更正の登記は、付記登記によらないで登記される場合がある(平22-18-ア)。


Q5 
 仮登記した所有権の移転の仮登記は、付記登記によってする(平27-19-ア)。 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら