So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

抵当権、終了!じっくり復習していきましょう [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 何だかんだと、5月も半ばが過ぎましたね。


 昨日の集中力の件、響いてくれる人がいるととよいのですが(^^;


 集中力からは、充実感も得られますしね。


 色々と大事だと思います。


 さて、昨日、5月15日(火)は、1年コースの民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 昨日の講義で、抵当権が終了しました。


 途中から根抵当に入っていきましたが、ここは、不動産登記法を学習することで、より理解が深まるところです。


 ですので、現状、普通抵当との比較ということで、ポイントを押さえておくといいと思います。


 特に、付従性と随伴性の部分ですね。


 元本確定前の根抵当には、付従性と随伴性がありません。


 その結果どういうことがいえるのかということを、きちんと理解しておいて欲しいと思います。


 あとは、現状、普通抵当の復習を優先するといいと思います。


 では、過去問を通じて、知識を振り返っておきましょう。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 AのBに対する貸金債権を担保するために、AがC所有の甲建物に抵当権の設定を受けた場合において、BがCから甲建物を買い受けたときは、抵当不動産の第三取得者として、抵当権消滅請求をすることができる(平26-12-ウ)。


Q2
 抵当不動産の停止条件付第三取得者は、その停止条件の成否が未定である間は、抵当権消滅請求をすることができない(平25-13-ア)。


Q3
 抵当不動産の第三取得者は、抵当権消滅請求をするときは、抵当権の実行としての競売による差押えの効力が発生する前に、その請求をしなければならない(平25-13-イ)。


Q4
 抵当不動産の第三取得者が、登記をした抵当権者のうち一部の者について抵当権消滅請求をした場合には、当該一部の者の抵当権のみが消滅する(平19-14-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら