So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

合格に必要なことって何だろう? [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日、5月14日(月)は、20か月コースの民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 民法も残すところあとわずかとなりました。


 昨日の講義では、養子縁組の続きから親族編の最後までを解説しました。


 今回の講義の中では、利益相反行為が特に重要です。


 これについては、また不動産登記法で学習しますが、今回紹介したいくつかの事例は、よく振り返っておいてください。


 そして、次回からは相続編です。


 相続編は、特に不動産登記法とも関わりが深いテーマなので、時間の許す限り、じっくりと解説していきますね。


 そして、昨日の学習相談をきっかけに、合格に必要なことは何だろうと考えてみたのですが・・・


 その答は、いつもの過去問の後に簡単に・・・(笑)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 配偶者のある者が未成年者を養子とするには、原則として、配偶者とともに縁組をしなければならないが、配偶者の嫡出子である子を養子とするときは、単独で縁組をすることができる(平13-20-イ)。 


Q2
 特別養子縁組は、戸籍法の定めるところにより、これを届け出ることによって、その効力を生じる(平6-20-ウ)。


Q3
 親権者が、借受金を自らの用途に充てる意図で子の名において金員を借り受け、その子の所有する不動産に抵当権を設定するのは、親権者とその子の利益が相反する行為に当たる(平6-21-ウ)。


Q4
 親権者とその子の利益が相反する行為を親権者が子の代理人としてした場合は、その行為は、無権代理行為となる(平6-21-エ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら