So-net無料ブログ作成

今回の良問 そして、今日から2019目標の講義再開! [司法書士試験・商登法]



  復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日、1月9日(火)は、商業登記の記述式の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!
 

 今回ピックアップした問題、14問・15問・18問はいずれも、とても良い問題だったと思います。


 問題を解く手順、検討すべき点、じっくり解説しましたが、それを参考にして、今後の復習に生かしていってください。


 また、このように記述式の問題を通じて、会社法の知識を検討することにより、択一の知識の充実にも繋がりますからね。


 15問目では解散、18問目では特例有限会社の通常の株式会社への移行をやりました。


 解散の登記は、去年の記述式で聞かれましたが、商業登記の択一では解散は出題されやすいテーマです。


 ぜひ今回の問題をきっかけにして、テキストの内容をよく振り返っておいてください。


 では、いつものように過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 清算中の会社は、清算の目的の範囲内でのみ存続し、営業を前提とする行為をすることができないため、本店移転の登記、募集株式の発行による変更の登記、資本金の額の減少による変更の登記などをすることができない(平15-34-オ改)。


Q2
 清算株式会社となった時点で会社法上の公開会社であった会社は、清算開始後に定款を変更して発行する全部の株式を譲渡制限株式とし、監査役を置く旨の定めを廃止しても、監査役設置会社の定めの廃止の登記をすることができない(平28-33-イ)。


Q3
 特例有限会社が通常の株式会社へ移行するのと同時に、本店を他の登記所の管轄区域内に移転する定款の変更をした場合には、移転後の本店の所在場所をその本店の所在場所とする設立の登記を申請しなければならない(平23-32-オ)。


Q4
 代表取締役を取締役の互選によって選定するとの定款の定めのある特例有限会社が、取締役会設置会社でない通常の株式会社への移行をする場合には、移行時に取締役の全員が重任して、取締役の構成に変動が生じないときであっても、商号の変更の前に取締役の互選により選定した者を代表取締役とする設立の登記を申請することはできない(平23-32-エ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら