So-net無料ブログ作成

不動産登記法の得点源 そして、一つの時代の区切り [復習 不登法・総論]




  復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 イチロー選手、ついに引退ですね。


 昨日の記者会見、遅い時間から始まりましたが、YouTubeで
最後までずっと観ていました。


 「やりたいと思ったらやればいい」


 最後のほうでの話ですが、この言葉が、特に印象的でした。


 できるかどうかじゃなくて、やりたいと思ったことをやる。


 何事も挑戦だと、僕も思っています。


 どんなことでも、必ず結果が伴うものでもありませんが、迷っている
くらいなら、とにかくやってみることが一番ですね。


 また、記録は破られるためにある、とはよくいいますが、さすがに、
イチローの記録はなかなか破られないのではないでしょうか。


 一つの時代の区切りといえますが、このような偉大な選手の現役時代
をリアルタイムで見ることができた僕らは、本当に幸せといえますね。


 イチロー選手、本当にお疲れさまでした!


 そして、ありがとうございました!


 では、早速ですが、今日も過去問を通じて知識を振り返りましょう。


 今回は、不動産登記法の得点源ともいえる、主登記・付記登記の問題を
ピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 根抵当権の極度額の変更の登記は、付記登記により行われる
(平21-23-ア)。


Q2
 抵当権の利息の組入れの登記は、付記登記によらないで登記される
場合がある(平22-18-エ)。


Q3
 買戻期間の満了による買戻権の登記の抹消は、付記登記により行わ
れる(平21-23-イ)。



Q4
 抵当権の設定の登記の破産法による否認の登記は、付記登記でされ
る(平2-24-エ)。


Q5
 所有権の更正の登記は、付記登記によらないで登記される場合が
ある(平22-18-ア)。


Q6
 登記の目的である権利の消滅に関する定めは、付記登記によらない
で登記される場合がある(平22-18-ウ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


A1 正しい

 そのとおりです。


 根抵当権の極度額の変更の登記の申請には、必ず、第三者の
承諾を証する情報の提供を要します。



 極度額の変更について利害関係人がいるときは、その承諾が
なければ、実体上、効力を生じないものとされているからです
(民法398条の5)。



 そのため、根抵当権の極度額の変更の登記は、常に付記登記
で実行されます。



A2 正しい

 そのとおり、正しいです。


 抵当権の利息を元本に組み入れると、債権額が増加します。


 そして、その変更の登記を付記登記ですることにより、登記上、
不利益を受ける第三者がいる場合、その承諾を証する情報を提供し
たときは付記登記、これを提供しないときは、主登記で実行されま
す(不登法66条)。



 なお、利害関係人がいないときは、付記登記で実行されます。


A3 誤り

 抹消登記は、常に主登記です。


A4 誤り

 破産法による否認の登記は抹消登記の実質を有するので、常に
主登記です。


 
 この破産法による否認の登記は、根抵当権の関連で、平成13年
あたりの記述式の問題で聞かれています。



A5 誤り

 所有権の更正の登記は、常に付記登記です。


 付記登記によらないで登記されることはありません。 


A6 誤り

 常に付記登記です(不動産登記規則3条6号)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今回は問題文も短いので、6問のピックアップとなりました。


 こういう問題は、サクサクッと解けるようにしていきたいですね。


 それでは、週末の金曜日、今日も一日頑張りましょう!


 また更新します。




にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 
   ↑
 スポーツには感動がありますね。
 胸が熱くなります。
 記事読んだよという足跡として、合格祈願の
応援クリックお願いします(^^)