So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2020年目標、民法1回目は体験受講も大歓迎! [司法書士試験・会社法]








 おはようございます!



 今日も、朝から天気の悪い名古屋です。



 昨日と同じく、1日雨なんでしょうか。



 そんな昨日、12月3日(月)は、2020年目標の全体構造編の第3回目、最終回でした。



 みなさん、お疲れさまでした!



 やっとオリエンテーション的な全体構造編が、昨日で終わりました。



 これで、次回から、本格的に民法に入っていきます。



 その次回の講義は、12月17日(月)です。



 この日の民法第1回目の講義は、体験受講もできます。



 講座の受講を検討している方は、気軽に参加してください。



 2020年本試験は、改正後の民法での出題が濃厚です。



 改正民法、基本的なところからじっくりと解説いたします。



 本試験までの道のりは長いですが、頑張っていきましょう!



 では、今日も、いつものように過去問をピックアップしておきます。



 今日も、ピックアップする過去問は会社法です。


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(過去問)

Q1
 清算株式会社を当事会社とする株式交換による変更の登記は、することができない(平24-35-ア)。


Q2
 株式交換完全親会社がする株式交換による変更の登記においては、株式交換をした旨並びに株式交換完全子会社の商号及び本店も登記しなければならない(平24-32-エ)。


Q3
 株式交換完全親会社が株式交換完全子会社の新株予約権付社債を承継する場合における株式交換完全親会社がする株式交換による変更の登記の申請書には、株式交換完全親会社において債権者異議手続をしたことを証する書面を添付することを要しない(平24-32-イ)。


Q4
 株式交換完全子会社がする株式交換による変更の登記の申請書には、株式交換完全親会社の本店の所在地を管轄する登記所の管轄区域内に株式交換完全子会社の本店がないときは、登記所において作成した株式交換完全子会社の代表取締役又は代表執行役の印鑑の証明書を添付しなければならない(平24-32-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




A1 正しい

 そのとおりです。


 株式交換に関する規定は、清算株式会社に適用されません(会社法509条1項3号)。


 そのため、清算株式会社は株式交換の完全子会社にも親会社となることもできず、その登記をすることはできません。


A2 誤り

 合併や会社分割と異なり、株式交換では、株式交換をした旨や株式交換完全子会社の商号、本店は登記されません。
 

 そのため、登記記録上からは、株式交換をしたのかどうかはわからないことが通常です。
 

 ここでは、合併の場合の登記事項を改めて確認しておきましょう。


A3 誤り

 親会社において債権者異議手続が必要となる場面なので、債権者異議手続をしたことを証する書面を添付しなければいけません。


 株式交換完全子会社、完全親会社において債権者異議手続が必要となるのはどういう場合か、改めて振り返っておきましょう。


A4 正しい

 そのとおり、正しいです。


 親会社と子会社の登記所の管轄が異なるときは、子会社の変更の登記の申請書には、代表取締役の印鑑証明書の添付を要します。


 親会社の管轄登記所では、子会社の変更の登記の申請についても審査をします。


 そのため、申請書または委任状に押された印鑑が登記所に提出した印鑑と同じものであるかを確認するのに必要だからです。


 審査をする親会社の登記所には、管轄が異なる子会社の代表取締役の印鑑は提出されていませんからね。


 本問においては、問題文を読んだときに、親会社と子会社の管轄登記所が異なる場合だということをきちんと読み取ることができるようにしてください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 さて、2019目標のみなさんは、今日から商業登記法の記述式の講義が始まっていきます。



 第1回目の講義では、役員変更の登記の基本から振り返って、そして、問題の解説に進もうかなと思っています。



 記述式の問題の解き方の基本を身に付けていくとともに、この機会に、会社法の復習をしていただけるといいかなと思います。



 記述式の問題は、これまでの学習の総まとめでもあるので、復習の良いきっかけになるんですよね。



 解ける解けないよりも、これまで学んできたことの理解を深めるちょうどいい機会だと思って、積極的に取り組んで欲しいと思います。



 では、今日も一日頑張りましょう!



 また更新します。






   

 努力は嘘をつきません。

 記事読んだよという足跡として、合格祈願の応援クリックお願いします(^^)