So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不動産登記法の記述式も大詰め そして、何かに迷ったら? [復習 不登法・総論]








 おはようございます!



 昨日、11月6日(火)は、不動産登記法の記述式の講義でした。



 みなさん、お疲れさまでした!



 昨日が第8回でしたから、残すところあと2回ということで、大詰めになってきましたね。



 その昨日から応用編ということで、昨日は、いわゆる別紙問題について、いつもより時間をかけて解説しました。



 まずは、別紙を示されたときに、どの部分を重点的にチェックすればよいのか、そういう視点を掴んでいってください。



 実務をやっていると、「これって何が起きているんですか?」など、登記記録などの書面を見せられて聞かれることも多いです。



 今学習していることは、いずれ役に立つための基礎知識の構築でもありますので、きちんと、読み取れるようにしていきましょう。



 では、不動産登記法の過去問をいくつかピックアップしておきます。



 今回は、仮処分に関する問題です。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(過去問)

Q1
 所有権の移転の登記請求権を保全するための処分禁止の仮処分の執行としての処分禁止の登記が甲土地についてされている。債権者が債務者を登記義務者とする甲土地についての所有権の移転の登記を申請する場合において、処分禁止の登記に後れる登記の抹消を単独で申請するときは、その旨をあらかじめ当該登記の登記名義人に対して通知をしたことを証する情報を提供しなければならない(平26-24-ウ)。


Q2
 地上権設定の登記請求権を保全するための処分禁止の仮処分の登記がされた場合には、仮処分債権者は、保全仮登記に基づく本登記と同時に申請することにより、単独で所有権以外の用益権に関する登記であって当該仮処分の登記に後れるものを抹消することができるが、保全仮登記より後順位の地上権に設定された抵当権の設定の登記を抹消することはできない(平16-14-エ)。


Q3
 地上権の設定の登記請求権を保全するための処分禁止の登記とともに保全仮登記がされている土地について当該保全仮登記に基づく本登記が申請された場合において、当該土地に当該処分禁止の登記に後れる賃借権の設定の登記がされているときは、登記官は、職権で当該賃借権の登記を抹消しなければならない(平27-18-エ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




A1 正しい

 そのとおり、正しいです。


 仮処分による失効を原因とする権利の抹消の登記です。


 この場合、通知をしたことを証する情報の提供を要します。


 また、この登記を申請するときは、登記原因証明情報の提供を要しなかったことも要チェックですね。


 申請書のひな形も、ついでに振り返っておいてください。 


A2 誤り

 仮処分の債権者は、保全仮登記に後れる地上権の登記はもちろん、この地上権を目的とする抵当権の登記も、抹消することができます。


 そもそも、保全仮登記に遅れる地上権の登記のみを抹消して、その地上権を目的とする抵当権の登記だけ抹消しないということはできないですからね。


A3 誤り

 仮処分に後れる賃借権の登記の抹消は、仮処分の債権者が申請するのであり、登記官が職権で抹消するのではありません。


 引っかけ問題みたいなものですね。


 なお、登記官が職権で抹消するのは、仮処分の登記です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 すでに何度も告知していますが、次回、来週の記述式の講義では、第2回目の演習の時間を設けます。



 記述式の講義も、あと2回ですから、貴重な演習の機会、大事にして欲しいと思います。



 この演習の機会もそうですが、学習を進めていくと、色々と選択に迷うことも出てくると思います。


 

 たとえば、「今、演習してもどうせできないだろうし、それなら家でインプットした方がいいのでは?」とか。



 そもそも、「どうせできないだろうし」と決めつけるのがよくないことではありますが、そこは置いておくとして。



 学習を進める中で、こんな感じで迷ったときは、「1年でも早く合格するためには何が必要か」を常に頭に思い浮かべて欲しいと思います。



 講義で無駄なことは一切やりません。



 合格に必要なことしかお伝えしていませんし、演習の機会も、必要だからこそ設けています。



 それを最大限活用するかどうかは、先ほどの「1年でも早く合格するためには・・・」の基準で決めて欲しいと思います。



 頑張りましょう。



 また更新します。






   ↑

 壁を乗り越えて乗り越えて合格にたどり着こう。
 記事読んだよという足跡として、合格祈願の応援クリックお願いします(^^)