So-net無料ブログ作成
検索選択
司法書士試験 憲法・刑法 ブログトップ
前の10件 | -

2017目標のみなさん、健闘をお祈りしています! [司法書士試験 憲法・刑法]



  復習 憲法・刑法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 少し遅い時間の更新となりましたが、昨日、6月15日(木)は、択一予想論点マスター講座の最終回の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 これで2017目標の講座は、終了ということになりました。


 2017目標の受講生のみなさん、本当にありがとうございました!


 最後まできちんと出席して頑張ってついてきてくれたみなさん、本当に感謝しています。


 また、忙しい時間の中、途中まででも顔を出してくれた方、最後ということで、講義の終わる直前に顔を出してくれた方、その心意気嬉しかったです。


 通常のカリキュラムの時もそうだったと思いますが、最後の最後に限っていっつも来ない方も、本当にありがとうございました(笑)


 あと残された時間は少しではありますが、まだ2週間あります!


 ここから出たら何とかなる、という安心感を一つでも多く積み上げて、できる限り万全の状態で本試験を迎えられるように、最後の最後までひたすら頑張ってください。


 色々、不安な気持ちが強いかと思いますが、ここまで頑張ってきた自分をとにかく信じて上げてください。



 試験はその結果が確実なものではありませんが、自分のできる限りのベストを出し尽くすことができるように、準備を整えていきましょう。


 本ブログでも、これまでどおり、基本的な事項の確認をしてもらえるように、いつもと同じペースで続けていきます。


 少しでも参考になればと思いますし、また、学習相談の時間もありますので、そちらでもガッツリとサポートしていきます。


 引き続き、頑張りましょう!


 では、刑法からいくつか過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Aは、レンタルビデオを借りて保管していたが、自分のものにしたくなり、貸しビデオ店に対して、盗まれたと嘘をついてビデオを返さず自分のものにした。この場合、Aには、横領罪が成立する(平20-27-オ)。


Q2
 本犯が詐欺罪の場合、欺罔による財産移転の意思表示を取り消す前には、被害者は、当該財産に対する追求権を有しないから、盗品等に関する罪は、成立しない(平19-27-イ)。


Q3
 賄賂とは、公務員の職務に関する不正の報酬であるので、金銭の授受、飲食物の提供等の財物の提供に限られ、異性間の情交といった無形の利益は含まない(平12-25-ア)。


Q4
 公務員が一般的職務権限を異にする他の職務に転じた後に、前の職に在職中に請託を受けて職務上不正な行為をしたことに関し賄賂を収受した場合には、事後収賄罪が成立する(平12-25-エ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


2017目標のみなさんありがとうございました。そして、頑張れ! [司法書士試験 憲法・刑法]



  復習 刑法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日、3月26日(日)は、午前に2018目標の1年コースの全体構造編第2回目、午後に2017目標の刑法第7回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 そして、2017目標の講座は、これが最後の講義となりました。


 今期は例年より脱落者も少なく、本当にみなさん頑張ってここまでついてきてくれたと思います。


 改めて、ありがとうございますm(_ _)m


 まずは、ここまでたどり着いたことに自信を持ってもらって、後は、本試験でベストな結果を出せるように直前期を乗り切ってください!


 ここからの直前期では、これまで勉強したことの知識をしっかり固めていくことが大事になります。


 オプション講座ではありますが、択一予想論点マスター講座で本試験の直前まで引き続きフォローしていきます。


 本試験まで一緒に頑張っていきましょう!


 その択一予想論点マスター講座の第1回目の講義は、4月6日(木)の18時半からです。


 こちらは、どなたでも申込みいただけますので、受講を検討している方はいつでもTAC名古屋校までお問い合わせください。


 では、昨日の刑法の範囲からいくつか過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 私文書偽造罪が成立するためには、一般人をして実在者が申請に作成した文書と誤信させるおそれがあれば十分にあれば足り、その名義人が架空であると実在であるとを問わない(平11-26-3)。


Q2
 偽造通貨を自動販売機に投入した行為は、偽造通貨行使罪における行使に当たる(平3-26-1)。


Q3
 申告内容が虚偽であると信じて申告しても、申告内容が客観的真実に合致していれば、虚偽告訴罪は成立しない(平3-25-ウ)。


Q4
 公務員が一般的職務権限を異にする他の職務に転じた後に、前の職に在職中に請託を受けて職務上不正な行為をしたことに関し賄賂を収受した場合には、事後収賄罪が成立する(平12-25-エ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


2017目標の講座もあと1回、そして直前期のオプション講座 [司法書士試験 憲法・刑法]



  復習 刑法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 まだ少し寒い日が続きますが、もう3月も残り1週間です。


 年が明けたと思ったら、もうすぐ4月かと思うと早いですよね。


 今年受験するみなさんは、いよいよ本格的に直前期を迎えます。


 ここから本試験まで、何だかんだとあっという間に過ぎていくと思います。


 少なくとも体調を崩すことなく、無事に、この直前期を乗りきって欲しいと思います。


 そして、長らく続いてきた2017目標の講座も、残すところあと1回となりました。


 次回の3月26日(日)の講義でいったん終了し、4月6日(木)からは、択一予想論点マスター講座がスタートします。


 これは、今年の本試験で出題可能性の高いテーマを中心に、全科目の知識を再確認することを目的とする講座です。


 その中で、択一の問題の解法などもお伝えしていきます。


 こちらはオプション講座なので、2017目標の基礎講座とパックで申込み済の方はもちろん、それ以外の方も受講できます。


 ですから、2回目以降の受験の方で、この直前期に改めて全科目の重要な論点を確認しておきたいという人にはオススメです。


 詳細は、いつでも問い合わせてください。


 では、昨日の範囲の中から、いくつか過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 本犯が詐欺罪の場合、欺罔による財産移転の意思表示を取り消す前には、被害者は当該財産に対する追求権を有しないから、盗品等に関する罪は、成立しない(平19-27-イ)。


Q2
 AがBの顔面を平手打ちしたところ、Bは、倒れ込んで片腕を骨折した。AがBにケガをさせようとは思っていなかった場合、Bの傷害はAが予想していた範囲を超えるから、Aには暴行罪しか成立しない(平14-25-2)。


Q3
 現に人が住居に使用する木造家屋を燃やす目的で、当該木造家屋に隣接する物置に火を付けたところ、その住人が発見して消化したため、物置のみを焼損させた場合には、非現住建造物等放火の既遂罪が成立する(平24-26-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


刑法、そして2018目標の20か月コースのみなさんへ [司法書士試験 憲法・刑法]



  復習 刑法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日は一日雨で、ちょっと肌寒かったですよね。


 コート着ていけばよかったと、少し後悔しました(^^;


 そんな昨日3月21日(火)は、刑法の第5回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 刑法も残すところ、あと2回です。あっという間ですね。


 今回の講義では、詐欺罪から始まり、強盗罪、横領罪などをやりました。


 詐欺罪や強盗罪は近年出題されたばかりですし、この中では、横領罪あたりがそろそろ出てもいい頃合いじゃないかなと思います。


 ここも、判例の結論を一つでも多く押さえておくことが一番の対策ですから、テキストや過去問、六法でしっかり確認しておいてください。


 では、いくつか過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Aは、所持金がなく代金を支払う意思もないのにタクシーに乗り、目的地に到着すると、運転手Bの隙を見て何も言わずに逃げた。この場合、Aには、Bに対する詐欺罪が成立する(平21-26-ウ)。


Q2
 Aは、レンタルビデオを借りて保管していたが、自分のものにしたくなり、貸ビデオ店に対して、盗まれたと嘘をついてビデオを返さず自分のものにした。この場合、Aには、横領罪が成立する(平20-27-オ)。


Q3 
 Aは、Bから依頼されて、B所有の土地につき登記簿上の所有名義人になってその土地を預かり保管中、Bから所有権の移転登記手続請求の訴えを提起された際に、自己の所有権を主張して抗争した。この場合、Aにつき横領罪が成立する余地はない(平7-25-4)。


Q4
 他人が所有する不動産であるが、自己がその所有権の登記名義人となっているものについて、所有者の承諾なしに自己のために抵当権を設定する行為は横領罪を構成し、その後、当該不動産を第三者に売却した場合は、更に、横領罪が成立する(平4-27-イ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


刑法も残りわずか [司法書士試験 憲法・刑法]



  2017目標 刑法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 今日は祝日ですね。講義もお休みです。


 昨日、3月19日(日)は、2018目標の1年コースの全体構造編第1回目、2017目標の刑法第4回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 まず、2018目標のみなさんですが、全体構造編の第1回目ということで、テキストを使いながら民法の基本などをお話ししました。


 これから、3時間の講義のリズムに徐々に慣れていってください。


 次回は、3月26日(日)の朝10時からになります。


 全体構造編では、引き続き体験受講できますので、受講を検討している方もぜひ気軽に参加してください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2017目標の講座も、いよいよ大詰めです。


 昨日は、途中から刑法の各論に入りました。


 各論では、特に窃盗罪をはじめとする財産犯が重要なので、まずは、ここをしっかり攻略していきましょう。


 窃盗罪は、去年出たばかりではありますが、テキストと六法に載っている判例は、きちんと確認しておいてください。


 刑法も、あと残り3回です。気を引き締めて、最後まで乗り切って欲しいと思います。


 刑法が終了すると、2017目標の講座は、直前期のオプション講座に入っていきます。


 こちらの日程は、おそらく郵送されているかとは思いますが、次回以降の講座の中でも案内していきますね。


 では、いくつか刑法の過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 不法監禁をし、その被害者を恐喝した場合、牽連犯の関係が成立する(昭57-26-5)。


Q2
 併合罪関係に立つA・B2個の犯罪を順次犯した後、B罪のみが発覚して刑の全部の執行猶予つき懲役刑の言渡しを受けた者に対し、その裁判確定後発覚したA罪につき、B罪の刑の全部の執行猶予期間が経過しない時点で、保護観察に付さない刑の全部の執行猶予付き懲役刑を言い渡すことは、法律上許されない(平6-24-エ)。


Q3
 長年恨んでいた知人を殺害するため、深夜、同人が一人暮らしをするアパートの一室に忍び込んで、寝ている同人の首を絞めて殺害し、死亡を確認した直後、枕元に同人の財布が置いてあるのが目に入り、急にこれを持ち去って逃走資金にしようと思い立ち、そのまま実行した場合、持主である知人は死亡していても、占有離脱物横領罪ではなく、窃盗罪が成立する(平20-26-ア)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


刑法第3回目は共犯 2018目標の講座は今日もお休み [司法書士試験 憲法・刑法]



  2017目標 刑法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日のWBCの試合も熱かったですね!


 侍JAPAN、お見事です!


 優勝目指してこれからも頑張って欲しいです。


 さて、昨日、3月14日(火)は、刑法の第3回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 昨日の講義のメインテーマは、何といっても共犯です。


 司法書士試験の刑法では、一番よく出るテーマといっていいかと思います。


 対策としては、やはり判例の結論をしっかり押さえていくことですね。


 過去問で出たもの、テキストに載っているものはもちろん、これから受ける模試や答練で出てきた未出の判例を押さえておくといいと思います。


 ということで、早速、昨日の範囲の中からいくつか過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Aは、酒場で口論となったBの顔面を拳で殴り、その結果、Bが転倒して床で頭を強く打ち、脳挫傷により死亡したが、Aは、Bを殴った際、Bが死亡するとは認識も予見もしていなかった。この場合、Aには、傷害致死罪が成立する(平27-24-エ)。


Q2
 AがBに対して甲宅に侵入して金品を盗んでくるよう教唆したところ、Bは、甲宅に侵入して金品を物色したが、その最中に甲に発見されたので、甲に刃物を突きつけて甲から金品を強取した。Aには、住居侵入・強盗罪の教唆犯が成立する(平16-26-エ)。


Q3
 AがBに対して甲宅に侵入して金品を強取するよう教唆したところ、Bは、甲宅に侵入して甲を殴って金品を強取したが、甲は、殴られた際に倒れて頭を打ち、死亡した。Aには、住居侵入・強盗致死罪の教唆犯が成立する(平16-26-オ)。


Q4 
 Aは、Bが留守宅に盗みに入ろうとしていることを知り、Bが現金を盗み出している間に、Bが知らないまま外で見張りをしていた。この場合、Aには、窃盗の共同正犯が成立する(平22-24-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


最後の科目、刑法 その対策 [司法書士試験 憲法・刑法]



  2017目標 憲法・刑法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 夕べは、かなり寒かったですね!


 3月に入ったばかりなだけに、まだまだ寒い日もありますね。


 また、花粉にも悩まされる時期でもあります。


 僕は今のところ大丈夫ですけど、花粉症でくしゃみが続いたりすると集中力にも影響するので、きちんと対策はしたいですね。


 さて、昨日、3月7日(火)は、刑法の第1回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 直前期のオプション講座を除けば、いよいよ最後の科目です。


 刑法からは3問出題されますが、憲法に比べると、確実に3問得点できる科目でもあります。


 司法書士試験での刑法の対策としては、とにかく、判例の結論をしっかりと押さえていくことが一番です。


 近年は、具体的な事例で、かつ、長めの問題文で聞かれることが多いですが、まずは、過去問で出てきた判例をきちんと押さえましょう。


 そして、特に重要なテーマについては、六法に載っている判例もできる限りチェックしておくといいと思います。

 
 あとは、これから先の模擬試験や答練で出てきた未出の判例を押さえていくといいと思います。


 刑法は、それ自体はとても難しい学問なんですが、司法書士試験との関係では、あまり深いところを気にせず、判例をしっかり覚えていきましょう。


 では、昨日の範囲の中からいくつか過去問をピックアップしておきます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 法律主義及び事後法の禁止から類推解釈の禁止が導き出され、被告人にとって利益、不利益を問わず、法律が規定していない事項について類似の法文を適用することは許されない(平9-23-オ)。


Q2
 Aは、Bの頭部等を多数回殴打するなどの暴行を加えて脳出血等の傷害を負わせた上で、路上に放置したところ、その傷害によりBが死亡したが、Bの死亡前、たまたま通り掛かったCが路上に放置されていたBの頭部を軽く蹴ったことから、Bの死期が早められた。この場合において、Aの暴行とBの死亡の結果との間には因果関係がないから、傷害致死罪は成立しない(平25-24-エ)。


Q3
 Aは、Bが旅行に出かけている間に、B宅に侵入して金品を盗もうと考え、深夜、侵入に使うためのドライバーなどを準備してB宅の前まで行ったが、Bが金品を盗まれて落胆する姿を想像し、それがかわいそうになって、B宅に侵入することなく帰宅した。この場合、Aには、窃盗罪の中止未遂が成立する(平27-25-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


今日から3月! 憲法も残すところあと1回 [司法書士試験 憲法・刑法]



  復習 憲法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 今日から3月になりましたね。


 これから段々暖かくなっていきますが、まだまだ気温差が大きい時期が続くでしょうから、体調管理には十分気をつけていきましょう。


 本当に、健康が一番だと思います(^^;


 さて、昨日、2月28日(火)は、憲法の第5回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 これで憲法も残すところあと1回となり、来週の火曜日からは刑法の講義が始まります。


 直前期のオプション講座を除けば、刑法が2017目標の講座の最後の科目になります。


 本当にあっという間ですし、ここまで頑張ってついてきてくれているみなさんには、いつも感謝の気持ちしかありません。


 色々とキツいでしょうけど、もう一踏ん張りです!


 昨日の講義では主に、内閣全般と裁判所の一部をやりました。


 このあたりの統治の分野は、条文の知識を聞いてくる問題も多いです。


 そういう問題は確実に得点できるように、直前期は統治のところは毎日に近いくらい条文を確認するようにするといいと思います。


 特に、憲法や刑法の分野は効率よく、確実なところで得点を積み重ねていくようにしましょう。


 それでは、今日も、公務員試験の過去問からいくつかピックアップしておきます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 検察事務は、行政権の作用に属するが、検察権が裁判と密接に関連する準司法作用の性質を有することから、司法権に類似した独立性が認められなくてはならないので、国政調査権の対象となることはない。


Q2
 内閣総理大臣は、内閣の明示の意思に反しない限り、行政各部に対し、随時、その所掌事務について一定の方向で処理するよう指導、助言等の指示を与える権限を有するが、内閣総理大臣が特定の大臣に対し、特定の会社に特定の物品の選定購入を勧奨するよう働きかける行為は、内閣総理大臣の指示として、その職務権限を超えるものである。


Q3
 内閣総理大臣は、衆議院議員の中から、国会の議決で、これを指名する。


Q4
 政党は、議会制民主主義を支える上で重要な存在であり、高度の自主性と自律性を与えて自主的に組織運営をなし得る自由を保障しなければならないので、政党が党員に対してした処分には、一般市民法秩序と直接の関係を有するか否かにかかわらず、裁判所の審判権が及ばない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


ささやきながら(汗) [司法書士試験 憲法・刑法]



  復習 憲法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 何とか、昨日からライブ講義も復活しました。


 また、受講生のみなさん、お疲れさまでした!


 改めて、今回はご迷惑をおかけしました。


 昨日は、まだまだ声もあまり出なくてほとんどささやくような感じで聞き苦しかったと思います。


 今朝は、昨日よりだいぶ出るようになりましたので、次回以降は、もっと回復しているかと思います。


 もう少しの間、辛抱いただければと思います。


 ちなみに、公務員講座や会計士の講座でも、インフルエンザでお休みしている先生もいるそうです。


 まだまだ気をつけたいですね。


 ということで、昨日の憲法の講義の範囲からいくつか過去問をピックアップしておきます。


 今回も引き続き、公務員試験の問題からのピックアップです。


 また、昨日から統治に入りましたが、人権分野までの過去問です。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 公務員は、憲法15条2項により「全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定されている以上、法律により主要な勤務条件が定められ、労働基本権行使の制約に対する適切な代償措置が講じられていることから、憲法28条の「勤労者」には該当しない。


Q2
 憲法は労働者に団結権を保障していることから、ユニオン・ショップ協定によって、労働者に対し、特定の労働組合への加入を強制することは、それが労働者の労働組合の選択の自由及び他の労働組合の団結権を侵害する場合であっても許される。


Q3 
 憲法は15条1項で選挙権についてのみ規定し、被選挙権については具体的な規定を置いていないから、いわゆる立候補の自由は憲法上の人権ではなく、法律上認められる権利にすぎない。


Q4
 選挙権の行使が不可能あるいは著しく困難となり、その投票の機会が奪われる結果となることは、これをやむを得ないとする合理的理由の存在しない限り許されないのであるから、在宅投票制度を廃止した立法行為は、立法目的達成の手段としてその裁量の限度を超え、これをやむを得ないとする合理的理由を欠き、憲法の規定に違反する。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


今日から復活です ご迷惑をおかけしました [司法書士試験 憲法・刑法]



  復習 憲法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日の記事でも書いたとおり、今日から通常どおりライブ講義も復活となります。


 ちょっとまだまだ声が聞き苦しい状態ではありますが、TAC名古屋校、受講生のみなさんには本当にご迷惑をおかけしました。


 改めて、しっかりと体調管理を徹底していきます。


 ちなみにですけど、病院で検査をした際、諸々の数値は正常で、血液も綺麗ですねと言われました。


 野菜をしっかり摂っているんですか?と聞かれまして、そのとおり、ここ数年、野菜はしっかり多めに食べるようにしています。


 それでも風邪を引いたり喉を痛めることもありますが、みなさんも野菜はしっかり食べるようにした方がいいですよ。


 ということで、今日の講義が憲法ということで、今回は憲法をピックアップしておきます。


 いつものとおり公務員試験の過去問からのピックアップです。


 これを通じて、判例の要旨、きちんと確認しておきましょう。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 憲法21条2項前段にいう「検閲」とは、公権力が主体となって、思想内容等の表現物を対象とし、その全部又は一部の発表の禁止を目的として、対象とされる一定の表現物につき網羅的一般的に、発表前にその内容を審査した上、不適当と認めるものの発表を禁止することを、その特質として備えるものをいう。


Q2
 小売商業調整特別措置法に基づく小売市場の許可規制は、国が社会経済の調和的発展を企図するという観点から中小企業保護政策の一方策としてとった措置ということができ、その目的において一応の合理性を認めることができ、また、その規制の手段・態様においても著しく不合理であるとは認められないから、憲法22条第1項に違反しない。


Q3
 憲法29条3項が規定する財産権の保障について、法律が財産権の保障規定を置いていない場合、裁判所において当該補償額を認定することは困難であるといわざるを得ないことから、直接憲法29条3項に基づいて財産権の保障を請求することはできない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


前の10件 | - 司法書士試験 憲法・刑法 ブログトップ