So-net無料ブログ作成
司法書士試験・民法 ブログトップ
前の10件 | -

今回の超重要テーマ、法定地上権 そしてスケジュールに注意 [司法書士試験・民法]




  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日、2月19日(月)は、民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 昨日の講義では、抵当権の中でも重要なテーマが目白押しでした。


 物上代位に始まり、抵当権の侵害、法定地上権。


 どれも超重要テーマなのですが、中でも、特に大事なのが法定地上権です。


 これは、2年連続で聞かれることも多いくらいに重要です。


 まずは、法定地上権の成立要件をスラスラと言えるくらいに、完璧にしておいて欲しいと思います。


 そして、その成立要件を頭に入れつつ、判例の結論をよく確認していきましょう。


 特に、2018目標のみなさんは、これを機会に法定地上権、振り返っておいて欲しいと思います。


 では、過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Aは、甲土地及びその土地上に存在する乙建物を所有し、甲土地にBのための抵当権を設定した。この場合において、A及びBの間で、将来抵当権が実行されても乙建物のための法定地上権を成立させない旨の特約をしたときであっても、法定地上権が成立する(平21-14-ア)。


Q2
 Aは、土地とその地上建物を所有しており、双方に抵当権を設定した。その後、土地、建物について抵当権が実行され、土地はBが、建物はCが買受人となった。この場合、Cのために法定地上権は成立しない(平21-14-イ)。


Q3
 A所有の甲土地上にAの子であるB所有の乙建物がある場合において、BがCのために乙建物に抵当権を設定した後、Aが死亡してBが単独で甲土地を相続し、その後、抵当権が実行され、Dが競落したときは、乙建物について法定地上権が成立する(平25-14-ア)。

(注 競落=けいらく=競売で落札すること。つまり、買い受けること)


Q4
 A所有の甲土地上にB所有の乙建物がある場合において、BがCのために乙建物に第1順位の抵当権を設定した後、BがAから甲土地の所有権を取得し、さらにDのために乙建物に第2順位の抵当権を設定し、その後、Cの抵当権が実行され、Eが競落したときは、乙建物について法定地上権が成立する(平26-13-オ)。 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


用益権は得点源 学習相談のご案内 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 今日も講義はお休みです。


 また、明日の土曜日ですが、この日も講義はありませんが、学習相談の日程を入れております。


 ぜひぜひ、気軽に利用してください。


 では、今日も過去問をピックアップしておきます。


 今回も前回に引き続き、民法の用益権です。


 抵当権は、まだ入ったばかりですからね。


 この用益権は、民法でも不動産登記法でもほぼ必ず出題されますが、得点はしやすい分野です。


 こういうところで確実に得点を積み重ねられるよう、テキストと過去問をしっかり往復して、曖昧な部分を潰していきましょう。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
(過去問)

Q1
 要役地の所有権が移転した場合には、地役権の設定行為に別段の定めがない限り、地役権は要役地の所有権とともに移転し、要役地について所有権の移転の登記がされれば、地役権の移転を第三者に対抗することができる(平24-10-オ)。


Q2
 要役地が数人の共有に属する場合、各共有者は、単独で、承役地の所有者に対して地役権の設定の登記の手続を請求することができる(平20-12-イ)。


Q3
 要役地が数人の共有に属する場合には、共有者の一人は、自己の有する要役地の持分について地役権を消滅させることができない(平24-10-エ)。


Q4
 Aが所有する甲土地にBが通行地役権を有している場合、Cが甲土地にはBの通行地役権の負担がないものとして占有を継続して甲土地を時効取得したときは、Bの通行地役権は消滅する(平21-11-ア)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


超重要テーマ、抵当権に突入 そしていい機会にしよう [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 講義が休みの今朝、ちょっとゆっくりめの更新となりました。


 気付けば、もう2月も半ばですね。


 3月ももうすぐですね。


 そして、昨日、2月14日(水)は、2019目標の民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 昨日の講義の途中から、抵当権に入りました。


 この抵当権は、司法書士試験では、とにかく重要なテーマです。


 不動産登記でも民法でも必ず出ますし、記述式でも聞かれます。


 民法では、出題されやすい軸となるテーマがありますが、昨日は、そのうちの一つである抵当権の効力の及ぶ範囲までを解説しました。


 ここでは、まず、不動産に備え付けられた物が従物なのか付合物なのかということが問題となります。


 この点については、テキストや六法で判例をきちんと確認しておきましょう。


 後は、学説が出てきましたが、それぞれの立場で、抵当権設定後の従物に抵当権の効力が及ぶかどうかの当てはめができるようにしていきましょう。


 では、いくつか過去問をピックアップしておきます。


 今回は、用益権に関する過去問です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 地上権は、無償のものとして設定することができるのに対し、永小作権及び地役権は、無償のものとして設定することができない(平26-10-ア)。


Q2
 竹木の所有を目的とする地上権の地上権者は、その権利が消滅した時には、土地上に植林した竹木を収去する権利を有するが、土地を原状に復する義務は負わない(平28-10-2)。


Q3
 承役地の上に用水地役権が設定されて登記がされても、重ねて同一の承役地の上に別の用水地役権を設定することができる(平16-10-4)。


Q4
 地役権は、一定の範囲において承役地に直接の支配を及ぼす物権であるから、地役権者は、妨害排除請求権、妨害予防請求権及び返還請求権を有する(平16-10-5)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


今週末は3連休ですね そして、再度の告知 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 世間では、月曜日が振替休日になりますから、今週末は3連休ですね。


 既に告知済みですが、2019目標のみなさんの2月12日(月)の講義はお休みです。


 2019目標のみなさんの次回の講義は、2月14日(水)ですので、間違えないように気をつけてください。


 では、早速ですが、過去問をピックアップしておきます。


 今回も、前回の続きの民法です。


 特に、2018目標のみなさんは、これを機会に、民法の物権編の知識の再確認に役立ててくれるといいなと思います。


 民法では、物権編での得点が特に重要ですからね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 A、B及びCが共有する建物を分割する場合において、協議により分割するときは、Aに当該建物を取得させ、B及びCに持分の価格を賠償する方法によりすることができるが、裁判により分割するときは、このような方法によることはできない(平22-9-エ)。


Q2
 A及びBが甲土地を共有している場合にBが死亡し、その相続人がないときは、Bが有していた甲土地の持分は、国庫に帰属する(平24-9-エ)。


Q3
 A、B及びCが甲土地を共有している場合において、Aが死亡し、その相続人が存在しないことが確定し、清算手続が終了したときは、その共有持分は、特別縁故者に対する財産分与の対象となり、財産分与がされず、当該共有持分が承継すべき者のないまま相続財産として残存することが確定したときにはじめて、B及びCに帰属する(平27-10-オ)。


Q4
 AとBが共有する建物について、Aが、自己の持分を放棄する意思表示をした後、当該持分をCに譲渡した場合、Bは、当該放棄による自己の持分の増加を登記なくしてCに対抗することができる(平10-9-イ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


頻出テーマ・共有 次回の講義の日程 [司法書士試験・民法]




  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 今朝は、ゆっくりめの更新となりました。


 講義のない日の朝は、少し気が抜けるのか、どうしても、ダラダラとしてしまうことが多かったりします(^^;


 講義のある日は、気合いが入ります。


 出席してくれる受講生のみなさんのために、できる限りのベストの講義を提供したいですからね。


 そうであるだけに、講義のない日は、ちょっと気が緩みます。


 なんて、遅い更新となった言い訳のように始まりましたが笑


 昨日、2月7日(水)は、2019目標の民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 今回は、前回の続きの共有から地役権の途中までを解説しました。


 今回の講義の範囲では、共有と地役権が試験でも頻出の重要テーマです。


 地役権は、また次回に続きますが、共有に関しては、判例中心の学習となります。


 判例もたくさんあるところなので、まずは、試験によく出る判例から優先的に押さえていきましょう。


 では、いくつか過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 共有の土地を不法に占有している第三者に対する所有権に基づく土地の明渡請求は、共有者が、その持分の価格の過半数をもって決するところに従い、共同して行わなければならない(平14-8-オ)。


Q2
 A、B及びCが甲土地を共有している場合において、Aが、B及びCの同意を得ずに、その全部を占有し、使用しているときは、B及びCは、Aに対し、甲土地の全部をB及びCに明け渡すことを請求することができる(平27-10-イ)。


Q3
 共有者の一人が共有者間の協議に基づかないで共有地を第三者に賃貸している場合には、他の共有者は、当該第三者に対して、当該共有地の明渡しを請求することができる(平19-10-オ)。


Q4
 第三者が共有地を不法に占有している場合において、当該第三者に対して不法行為に基づく損害賠償の請求をするときは、各共有者は、自己の持分の割合を超えて損害賠償を請求することができない(平19-10-エ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


重要テーマ・占有権 受講生さんへのお知らせ [司法書士試験・民法]




  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日の名古屋は、雪は降りませんでしたが、かなり寒い一日でした。


 すごく空気が冷たい感じがしました。


 今日も寒そうですし、風邪を引かないように気をつけて過ごしたいですね。


 そんな昨日、2月5日(月)は、2019目標の民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 昨日も、無理のない範囲で進み、即時取得の続きから共有の途中までを解説しました。


 昨日の講義の範囲では、占有権と共有が特に大事なテーマです。


 このうち、共有は次回にまとめて復讐をすればよいとして、今回は占有権ですね。


 ここは頻出のテーマですし、その内容は、条文知識を問う問題が中心となります。


 条文を読む際には、善意の占有者と悪意の占有者を区別しているのか、単に占有者と規定しているのか。


 そこに注意しながら確認するといいと思います。


 条文知識を問う問題というのは、確実に得点したいところです。


 もっと条文をきちんと読んでおけばよかったということにならないように、普段から、急所を意識しながら条文を確認するようにしてください。


 では、いくつか過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 他人の物を賃貸して賃料を受け取っていた者は、その物の所有者から賃料の返還を請求された場合には、自分に本権があると信じていたときでも、これを返還しなければならない(平9-11-ウ)。


Q2
 善意の占有者が本権の訴えにおいて敗訴したときは、その敗訴の判決が確定した時から悪意の占有者とみなされる(昭63-15-4)。


Q3
 占有者がその占有物について有益費を支出したときは、善意の占有者は占有の回復者に対しその償還を請求することができるが、悪意の占有者は、占有の回復者に対しその償還を請求することができない(平27-9-ウ)。


Q4
 悪意の占有者は、占有物が滅失したときは、その滅失が自己の責めに帰すベからざる事由によるものであっても、回復者に対し、損害の全部を賠償する義務を負う(平14-11-エ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


民法の復習 物権編で確実に得点しよう [司法書士試験・民法]




  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 2月に入り、相変わらず寒い日が続きますね。


 インフルエンザも流行っていますし、体調には気をつけて過ごしましょう。


 さて、早速ですが、先日の民法の講義で解説した範囲から、いくつか過去問をピックアップしておきます。


 司法書士試験の民法では、物権編からの出題が特に多くなっています。


 物権編は、決して範囲も広いわけではないので、過去問からの繰り返しの出題が多いというのも特徴といえますね。


 きちんと取るべきところで得点できるように、知識を確実なものにしていって欲しいと思います。


 どうしても同じところで間違えてしまうなあという人は、同じところの復習の間隔を短くするなど、知識が薄れる前に上書きをする工夫をしましょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Aは、その所有する土地を当該土地上の立木とともにBに売却したが、当該土地の所有権の移転の登記はしなかった。Bは、当該立木の明認方法のみを施したところ、Aは、Cに当該土地及ぶ当該立木を譲渡し、Cに対して当該土地の所有権の移転の登記がされた。この場合であっても、Bは、Cに対し、当該立木の所有権を主張することができる(平21-9-ウ)。


Q2
 Aは、A所有の立木をBに仮装譲渡し、Bは、当該立木に明認方法を施した。その後、AがCに当該立木を譲渡した場合、Cは、明認方法を施さなくても、Bに対し、当該立木の所有権を主張することができる(平21-9-イ)。


Q3
 Aの所有する甲動産を保管しているBが、甲動産を自己の所有物であると偽ってCに売却し、占有改定により甲動産を引き渡した場合には、Cは、Bが所有者であると信じ、かつ、そう信じるにつき過失がないときであっても、その時点で甲動産を即時取得することはできない(平17-9-ウ)。


Q4
 Aからデジタルカメラ甲を賃借していたCが死亡し、その相続人Bは、その相続によって甲の占有を取得した。この場合において、Bは、Cが甲に関し無権利者であったことについて善意無過失であるときは、甲を即時取得する(平25-8-1)。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


今日から2月! 学習相談の日程更新 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 ゆっくりめの更新となった今朝ですが、今日から2月ですね。


 年が明けたばかりだと思ったら、もう2月です。


 いつものことながら、早いですよねぇ。


 そんな昨日、1月31日(水)は、2019目標の民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 昨日は、前回の時効取得と登記の続きから、即時取得まで解説しました。


 一応、昨日で177条関連のところが終わりましたが、まだ、今後もいくつかの場面で177条の問題について補足していくところがあります。


 現状、解説した範囲をよく理解しておいてください。


 また、即時取得の要件ですね。これはとても大事です。


 即時取得は頻出のテーマですからね。


 まずは、その成立要件をきちんと覚えて、具体的な事例で聞かれたときにも正確に解答できるようにしていきましょう。


 即時取得については、193条と194条の問題が残っておりますので、そこは次回に解説します。


 では、昨日の講義の範囲の中から、いくつか過去問をピックアップしておきます。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(過去問)

Q1
 A所有の甲土地の所有権についてBの取得時効が完成した後に、CがAから甲土地を買い受け、その旨の所有権の移転の登記がされた場合には、Bは、当該登記後に引き続き甲土地について取得時効の完成に必要な期間占有を続けても、Cに対し、時効により甲土地の所有権を取得したことを主張することはできない(平26-8-ウ)。


Q2
 A所有の甲土地上に、Bが乙建物をAに無断で建築して所有している場合において、Aが甲土地の所有権の登記名義人でないときは、Aは、Bに対し、甲土地の所有権に基づき、乙建物の収去及び甲土地の明渡しを請求することができない(平26-7-エ)。


Q3
 Aは、B所有の甲不動産を買い受けたが、その所有権の移転の登記がされない間に、甲不動産がBからCに譲渡されて所有権の移転の登記がされ、更にCからDに譲渡され、Dが所有権の移転の登記をした。この場合において、Cが背信的悪意者に当たるときでも、Dは、Aとの関係でD自身が背信的悪意者と評価されない限り、甲不動産の所有権の取得をAに対抗することができる(平24-7-ウ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


民法・物権編の超重要テーマ [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日は、名古屋では雪は降らなかったものの、すごく寒い一日だったような気がします。


 講義が終わった後の帰り道も、すごく寒かったです。


 今のところ、木曜日あたりに雪の予報が出ていたりします。

 
 降っても、さほど積もらないといいですけどね。


 さて、そんな昨日1月29日(月)は、2019目標の民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 今回の講義の途中から、物権編に入りました。


 公示の原則や登記請求権など、いくつか解説しましたが、中でも大事なテーマは物権的請求権と、民法177条ですね。


 民法177条については、色んな問題点があるのですが、今回は、登記を要する物権変動についてが特に重要ですね。


 解除と登記とか、時効取得と登記という問題です。


 今日は、時効取得と登記の途中まででしたが、このあたりは、判例がとても大事になってきます。 


 テキストやレジュメで紹介してある判例は、きちんと内容を理解しておいて欲しいと思います。


 では、いくつか過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 BがAの承諾を得ることなく無権原でCに対しA所有の甲土地を賃貸し、Cが甲土地を占有している場合には、Aは、Bに対し、所有権に基づく返還請求権を行使して甲土地の明渡しを求めることができない(平29-7-エ)。


Q2
 Aは、Bに欺罔されてA所有の土地をBに売却した後、この売買契約を、詐欺を理由として取り消したが、その後に詐欺の事実について悪意のCがBからこの土地を買い受けた場合、Aは、登記なくしてその取消しをCに対抗することができる(平18-6-イ)。


Q3
 Aがその所有する甲土地についてBとの間で締結した売買契約をBの強迫を理由に取り消した後、Bが甲土地をCに売り渡した場合において、AからBへの所有権の移転の登記が抹消されていないときは、Aは、Cに対し、甲土地の所有権の復帰を主張することはできない(平29-8-イ)。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


民法の復習と学習相談のお知らせ [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 名古屋の雪は昨日でだいぶ解けたので、もう大丈夫かなと思ったら・・・また今朝も積もってます(^^;


 2日連続で積もるのも、名古屋では珍しいのではないでしょうか。


 名古屋の方はもちろん、それ以外の地域のみなさんも、出かける際には、引き続き足元に気をつけましょう。


 ちなみに、まったく関係ない話ですが、夕べ、Blu-rayで映画「ワンダーウーマン」鑑賞しました。


 公開されていたときに、劇場で観ればよかったと後悔するくらいに面白かったです!


 さすがは、前回で大ヒットの作品ですね。オススメです。


 では、先日の民法の講義の範囲の中から、今日もいくつか過去問をピックアップしておきます。


 2018目標のみなさんは、民法の復習のきっかけにしてみてください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 未成年者Aが、A所有のパソコン甲をAの唯一の親権者Bの同意なく成年者Cに売る契約を締結した。Aが成年に達する前に、CがBに対し1か月以上の期間を定めて本件売買契約を追認するかどうか催告したにもかかわらず、Bがその期間内に確答を発しなかったときは、Aは、本件売買契約を取り消すことができない(平23-4-オ)。


Q2
 当事者が無効な行為を追認したときは、当該追認は、当該行為の時に遡ってその効力を生ずる(平25-5-ア)。


Q3
 Aの詐欺により、BがAから旧式の乗用自動車を高額で買い受けた場合において、Bが詐欺であることに気づかないまま、その自動車を他人に譲渡したときは、追認をしたものとみなされる(平4-7-エ)。


Q4
 取り消すことができる行為について追認をすることができる取消権者が当該行為から生じた債務の債務者として履行をした場合には、法定追認の効力が生ずるが、当該行為について当該取消権者が、債権者として履行を受けた場合には、法定追認の効力は生じない(平25-5-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


前の10件 | - 司法書士試験・民法 ブログトップ