So-net無料ブログ作成
勉強方法 ブログトップ

勉強のポイント [勉強方法]


今日で10月も半分が過ぎました。
少し前の記事にも書きましたけど、早いものですね。

さて、先日まで答練のポイントを紹介しました。


答練のポイント その1~3


今日は、合格者の人から聞いた勉強のポイントのその1を紹介します。
参考になる部分は、参考にしてみてください。

(勉強のポイント)

・自分の性格、得意、不得意を理解する。

苦手なものこそ、早めにたくさん勉強する。
 逃げない

出る、といわれたところを絶対やる
 テキスト+過去問+答練

出ないといわれたところは、ほぼやらない
 やったとしても、過去問のみ


苦手なものこそたくさん勉強する、というのは、ブログでも紹介しているように、曖昧な知識は何回も繰り返しましょう、ということと通じますね。


続きは、また別の記事で書きます。


昨日から、少し寒くなってきたように思います。
体調管理にはくれぐれも気をつけてください。
これが一番大事なことかもしれませんね。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村


答練のポイント(その3) [勉強方法]


答練のポイントその3です。
以前の記事へのリンクは、こちらです。

答練のポイント その1

答練のポイント その2

 


講義録
 ホチキスを外して、同じ科目ごとにまとめていく
 
 時間のあるときに、パラパラ見る。

 復習の際に、メモは講義録にガンガン書く。


講義録は、DVD講義などで付いてくるものです。
ライブ講義だと、板書の自分のメモやレジュメなどですね。



記述式は、間違いノートにまとめる。

時間のあるときなどに、電車の中でパラパラ見る。


記述式の間違いノートの作成は、僕も講義でオススメしています

これについては、そのうち書いてみたいと思います。


答練のポイントは、以上です。
参考になる部分は、ぜひ実践してみて、後は自分なりにアレンジをしてみてください。


次の勉強方法は、やや全体的な話で、勉強のポイントとして紹介していきます。
楽しみにしていてください。


台風がひどくならないうちに、TAC名古屋校へ、いざ。





にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

答練のポイント(その2) [勉強方法]

今年の筆記試験合格者の勉強方法の続きです。
前回の記事へのリンクは、こちらです。


答練のポイントその1(前回の記事)


今回は、復習と解説講義について。


復習、解説講義は必須
細かかろうが何だろうが、聞いていたらわかってくる。

講師の分析、出る、出ないを信用して、解説レジュメにメモしていく。
出ない、といわれたものはやらない。そんなヒマはない。

出る、といわれたものは、絶対やる。何回もやる。

これは、今、基礎講座を受講中の方も共通ですね。
僕も、過去問から重要度を分析して、講義では強調しています。


必須だよ、と指摘した部分は、ぜひぜひ何回も繰り返して欲しいです



復習が終わったら、科目ごとに(答練の問題、解説冊子を)切り離す。

民法、不登法は2度解かない。その代わりに、過去問に戻る。
他の科目は、6月にもう1度解く。


答練のポイントは、次のその3まで続く予定です。
お待ちください。

その次は、勉強のポイントを紹介しようと思っています。






にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

答練のポイント(その1) [勉強方法]

今日の口述模試の話を、もう少し。
名古屋校の男女比は、男性6:女性4でした。


せっかくの機会なので、合格者の人から、色々と話を聞きました。
Oさんからは勉強方法を聞いているので、これから少しずつ書いていきます。


今日は、答練の受け方についてです。


点数は気にしない。25点以上ならOK。

超えてなくてもへこたれない。

これが、答練を受ける一番のポイントでしょう。
すべてといってもいいです。
個人的に、一番印象的でした。


その週の答練の範囲だけを、過去問を使って勉強・予習して、答練で力試し。

絶対に会場(TACなどの予備校)で受ける。

遅刻しない、サボらない。

その場で受けて環境と時間配分をつかむ。

(その場で受けるのは)自分のやり方を確立していくため。


答練も始まる時期だし、ぜひ参考にしてみてください。


また、他の合格者の方で、合格に必要な知識がここにある、と、TACで答練を受けて2回目で合格した人もいました。


初学者の方、2回目以降の方、合格に向けて、我々、TACがしっかりとサポートします。





にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
勉強方法 ブログトップ