So-net無料ブログ作成

会社法スタート!今後のスケジュールに気をつけてください [復習 不登法・総論]



  復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日は少し暑かった気がしますね。


 体調を崩しやすいこの時期、気をつけて過ごしましょう。


 そんな昨日、9月10日(日)は会社法の第1回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 今回から20か月コース、1年コースのみなさんが合流してのスタートとなりました。


 合流すると、いつもの教室もほぼ満席となり、一気に賑やかになった感じですね。


 みな、これからも頑張ってついてきてくださいね! 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 会社法の第1回目ですが、今回は初回ということで導入部分として会社の仕組みなどを解説しました。


 次回から本格的な内容に入っていきますが、公開会社であったり、種類株式発行会社であったり、まずは、用語に慣れていってください。


 そして、問題演習の際は、でるトコを活用していただくといいと思います。


 今後、会社法の講義は毎週日曜日の午前・午後の2コマになりますので、スケジュールはよく確認しておいてください。


 では、今回は、もうすぐ不動産登記法の記述式ということで、引き続き、不動産登記法の過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 契約解除を登記原因とする所有権の移転の仮登記の抹消の申請と、当該仮登記に基づく所有権の移転の本登記の抹消の申請は、一の申請情報によってすることができる(平20-16-エ)。


Q2
 ある債権を担保するためにA名義の甲土地について抵当権の設定契約が締結され、その旨の登記未了のうちに、B名義の乙土地について同一の債権を担保するために抵当権の設定契約が締結された場合の、甲土地及び乙土地についてする抵当権の設定の登記は、一つの申請情報によって申請することができる(平18-19-ア)。


Q3
 Aを所有権の登記名義人とする不動産について、その所有権の一部をB及びCへと移転する所有権の一部移転の登記を申請するときは、当該登記と一の申請により、共有物分割禁止の定めの登記を申請することができる(平21-21-ウ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら