So-net無料ブログ作成
検索選択

今日から会社法が始まります [復習 不登法・総論]



  復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日、9月9日(土)は、この秋に開講する2019目標の講座の第1回目のガイダンスを行いました。


 時間を作ってお越しいただいた方、本当にありがとうございました!


 受講についての不明な点があれば、今後もお問い合わせお待ちしております。


 さて、今日からいよいよ会社法の講義が始まります。


 会社法の第1回は、午前の1コマのみとなります。


 そして、ここから、20か月コースのみなさんと1年コースのみなさんが合流します。


 今後は、ともに頑張っていきましょう!


 会社法は、まずは用語から慣れていくという感じで、じっくりと取り組んでいただければと思います。 


 講義のポイントなども、これまでと同じような感じで引き続き書いていきますので、復習のきっかけにしてくださいね。


 では、今日も、不動産登記法の過去問をいくつか振り返っておきましょう。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 単有名義の不動産につき抵当権の設定の登記がされている場合、単有を共有名義とする所有権の更正の登記の申請においては、抵当権の登記名義人の承諾を証する情報を提供することを要する(平2-19-2)。


Q2
 AB共有(A持分5分の3、B持分5分の2)の土地について、甲を抵当権者とする抵当権の設定の登記がされている場合に、Aの持分を5分の1、Bの持分を5分の4とする所有権の更正の登記を申請するには、甲の承諾を証する情報を提供しなければならない(平6-23-ア)。


Q3
 所有権の更正の登記は、付記登記によらないで登記される場合がある(平22-18-ア)。


Q4
 甲土地について、売買を登記原因としてAからBへの所有権の移転の登記がされている場合において、当該所有権の移転の登記について錯誤を登記原因としてBの単有名義からB及びCの共有名義とする更正の登記を申請するときは、Cを登記権利者、Bのみを登記義務者としなければならない(平27-16-ア)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら