So-net無料ブログ作成
検索選択

お盆期間の復習 今週はもう一回民法 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 みなさん、体調はいかがでしょうか。


 夏風邪をガッツリ引いてしまった私が言うのもおかしいですが、夏風邪も流行っているようです。


 エアコンの調節など、十分に気をつけましょうね。本当にツラいです、、


 さて、今回も、民法を復習しておきましょう。


 不動産登記とは関係のない、占有権をピックアップします。


 ちなみに、登記できる権利の種類9つ、今すぐパッといえますか?


 スパッと出てこなかった方は、不動産登記法3条を確認しておきましょう。


 登記できる物権変動とともに、択一でたまに聞かれますからね。


 では、過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 善意の占有者が本権の訴えにおいて敗訴したときは、その敗訴の判決が確定した時から悪意の占有者とみなされる(昭63-15-4)。
 

Q2
 占有者がその占有物について有益費を支出したときは、善意の占有者は占有の回復者に対しその償還を請求することができるが、悪意の占有者は占有の回復者に対しその償還を請求することができない(平27-9-ウ)。


Q3
 悪意の占有者は、占有物が滅失したときは、その滅失が自己の責めに帰すべからざる事由によるものであっても、回復者に対し、損害の全部を賠償する義務を負う(平14-11-エ)。


Q4
 Aの宅地の隣接に堆積されていた大量の土砂が、長雨のため、Aの宅地に流入しそうになった。Aは、当該隣接地の所有者であるBに対し、土砂がAの宅地に流入しないようにするための設備を設置することを請求するとともに、損害賠償の担保を請求することができる(平15-9-イ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら