So-net無料ブログ作成

お盆期間の復習 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 今日からお盆休みの期間で、講義はしばらくお休みです。


 その初日の復習は、民法を振り返っておきましょう。


 早速ですが、過去問をピックアップしておきますので、ぜひとも復習のきっかけにしてください。


 特に、受講中のみなさんは、今不動産登記法をずっと学習していますから、民法でやったことを忘れているかもしれません。


 そうだとしても、凹む必要はないですからね。


 この機会に思い出しておけばいいのです。


 そこは、ぜひ前向きに乗り切ってください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 包括遺贈を受けた法人は遺産分割協議に参加することができる(平18-24-イ)。


Q2
 遺産分割協議が成立した後に、認知によって新たに相続人となった者が遺産分割を請求したときは、当該遺産分割は、その効力を失う(平15-23-エ)。


Q3
 相続財産中の甲不動産を共同相続人Aに相続させる旨の遺言は、遺産分割の方法の指定に当たるので、甲不動産をAに取得させるためには、遺産分割の手続を経なければならない(平11-22-イ)。


Q4
 AB間においてAのみに相続債務の全額を相続させる旨の遺産分割の協議が調った場合には、債権者は、Bに対して相続債務の履行を請求することができない(平7-21-ア)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら