So-net無料ブログ作成

今日から8月 日々更新は続きます! [復習 不登法・各論]



  復習 不登法・各論(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日、7月31日(月)は、20か月コースの民法・不登法の第53回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 今回で抵当権の登記が終了しました。


 民法で学習したことよりは、さほどボリュームはなかったんじゃないかなと思います。


 抵当権は、民法がどちらかというと本番で、逆に、次回からの根抵当は、民法より不動産登記が完全に本番という感じです。


 心してかかりましょう!


 さて、昨日の内容は、順位変更の登記と抵当権の登記の抹消でした。


 いずれも記述式でも聞かれやすいテーマですね。


 申請情報と併せて、様々な先例を押さえていってください。 


 特に、抵当権の登記の抹消では、合併と弁済の順番により、申請件数が1件となるのか2件となるのかという問題もあります。


 時系列をきちんと把握すれば大丈夫なところでもあるので、今後、記述式の問題をやるようになったときに、申請すべき登記をきちんと特定できるようにしていきましょう。

 
 では、いつものように過去問をピックアップしておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 抵当権の順位の変更の登記の申請は、順位が上昇する抵当権者を登記権利者、順位が下降する抵当権者を登記義務者としてする(平19-18-ア)。


Q2
 賃借権の先順位抵当権に優先する同意の登記の登記権利者は、当該賃借権の賃借人であり、すべての先順位抵当権者が登記義務者となる(平20-23-ア)。


Q3
 順位の変更の登記は、順位の変更の対象となる各抵当権の登記に付記してされる(平16-19-1)。


Q4
 抵当権の設定者である所有権の登記名義人Aが死亡した後に当該抵当権が消滅した場合において、当該抵当権の設定の登記の抹消を申請するときは、その前提としてAの相続人への所有権の移転の登記を申請しなければならない(平26-20-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら