So-net無料ブログ作成
検索選択

模擬試験お疲れさまでした! [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日、6月4日(日)は、1年コースの民法第23回、24回目の講義でした。


 また、この週末は、第2回目の公開模試も行われました。


 みなさん、お疲れさまでした!


 模擬試験を受けたみなさんは、結果のいかんに関係なく、次の模試へ気持ちを切り替えて準備をしていきましょう。


 いつも言っていますが、本試験前の模擬試験の機会はとても大切です。


 残りの模試の機会を、ぜひ生かしてください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ここからは、昨日の講義の話ですが、昨日は、契約の解除の続きから債権譲渡までを解説しました。


 昨日の講義では、時効の起算点・遅滞に陥る時期と債権譲渡が特に大事な部分になります。


 まずは、ここを優先的に復習しておくといいでしょう。


 そのうち債権譲渡はいくつかテーマがありましたが、対抗要件・譲渡禁止特約・異議をとどめない承諾に分けて、一つずつ整理するといいかと思います。


 対抗要件の問題が特に大事なので、じっくりと整理をしておいてください。


 また、債権譲渡は、94条2項の第三者の問題もありましたから、そちらもぜひ振り返っておきましょう。


 では、いくつか過去問をピックアップしておきます。 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 確定期限のある債権の消滅時効は、当該期限が到来した時から進行するが、不確定期限のある債権の消滅時効は、当該期限が到来したことを債権者が知った時から進行する(平18-7-ア)。


Q2
 譲渡禁止の特約のある指名債権を譲り受けた者がその特約を知らなかったことにつき過失がある場合には、それが重大な過失とはいえないときであっても、当該譲受人は、当該債権を取得することができない(平22-17-ア)。


Q3
 債権が二重に譲渡され、先の譲渡については確定日付証書によらない通知が、後の譲渡については確定日付証書による通知がされた場合でも、債務者に対する関係では、先の譲受人が優先する(平3-18-イ)。


Q4
 AがBに対する金銭債権をCに譲渡した後、その債権をさらにDに譲渡した。AからCへの譲渡について確定日付のない通知がされ、BがCに対して債務を弁済した後、AからDへの譲渡について確定日付のある通知がされた場合、Bは、Dの支払請求にも応じなければならない(平9-5-イ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら