So-net無料ブログ作成

講義再開! 前回の復習と願書の準備 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 世間ではGW最終日ですが、昨日も書いたとおり、今日から講義再開です。


 また、改めて、ここから頑張っていきましょう!


 いつも話していますが、前回の講義の内容のうち、自分にとって曖昧だったところを振り返ってから、その日の講義を受けるようにしましょう。


 テキストであったり、でるトコや過去問集であったり、曖昧なところには印を付けておいて、そこを重点的に何回も確認するといいと思います。


 なるべく短い間隔で戻ることが大事ですからね。


 では、今回は、民法の過去問をいくつかピックアップしておきます。


 1年コースの前回の講義のメインテーマ、共有からです。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 共有者の一人が共有者間の協議に基づかないで共有地を第三者に賃貸している場合には、他の共有者は、当該第三者に対して、当該共有地の明渡しを請求することができる(平19-10-オ)。


Q2
 第三者が共有地を不法に占有している場合において、当該第三者に対して不法行為に基づく損害賠償の請求をするときは、各共有者は、自己の持分の割合を超えて損害賠償を請求することができない(平19-10-エ)。


Q3
 A、B及びCが共有する建物を分割する場合において、協議により分割するときは、Aに当該建物を取得させ、B及びCに持分の価格を賠償する方法によることができるが、裁判により分割するときは、このような方法によることはできない(平22-9-エ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら