So-net無料ブログ作成
検索選択

GW終盤!いつものペースで [復習 不登法・総論]



  復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 GWも残すところ、あとわずかですね。


 今年受験する予定のみなさんは、ペースを崩すことなく過ごすことができているでしょうか?


 適度な気分転換を挟みつつ、いつものペースでやるべきことをこなしていきましょう。


 では、今日も、不登法の総論から過去問をピックアップしておきます。


 今回は、印鑑証明書です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 申請情報に記録された登記原因の発生の日以降に交付された印鑑証明書であっても、登記義務者の印鑑証明書として提供することができる(平20-17-イ)。


Q2
 登記権利者の住所を証する情報として印鑑証明書を提供して登記の申請をする場合には、当該印鑑証明書は、作成後3か月以内のものであることを要する(平20-17-オ)。


Q3
 登記上の利害関係を有する第三者の承諾を得て、付記登記によってする地役権の変更の登記を申請する場合において、当該第三者の承諾を証する当該第三者が作成した書面に添付すべき印鑑に関する証明書は、作成後3か月以内のものであることを要しない(平25-15-ア)。


Q4
 官庁又は公署が登記権利者として所有権の移転の登記の嘱託をする場合に提出する登記義務者の印鑑証明書は、作成後3か月以内のものであることを要しない(平22-19-ア)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら