So-net無料ブログ作成

今回の講義の急所 願書の受付スタートです! [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!
 

 朝から雨の月曜日ですが、昨日でGWも終わりましたね。


 仕事がずっと休みだった人は、ちょっとしばらくはしんどいでしょうね。


 個人的には、ずっと仕事だったので、いつもと変わりませんが(笑)


 さて、昨日、5月6日(日)は、1年コースの民法の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 昨日は、午前の講義では、前回の占有権の続きから、共有を中心に解説をしました。


 午後の講義では、添付や用益権を解説しました。


 このうち、特に重要なのは、占有権、共有、地役権ですね。


 占有権については、占有回収の訴え、相続と新権原。


 共有は頻出の判例を中心に、177条との関係なんかも重要です。


 そして、用益権の中では、地役権がトップクラスに重要です。


 これらをまずは優先的に復習しておいて欲しいなと思います。


 では、いくつか過去問をピックアップしておきますので、復習のきっかけにしてください。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 A・B・Cが3分の1ずつの持分割合で共有する建物について、建物の賃貸借人が賃料の支払を延滞したときは、Aは、単独で賃貸借契約の解除の意思表示をすることができる(平8-10-2)。


Q2
 A、B及びCが甲土地を共有している場合において、Aが、B及びCの同意を得ずに、その全部を占有し、使用しているときは、B及びCは、Aに対し、甲土地の全部をB及びCに明け渡すことを請求することができる(平27-10-イ)。



Q3 
 Aが5分の4,Bが5分の1の割合で共有する甲土地をCが不法に占有している場合には、Bは、Aの同意を得ていなくても、Cに対し、所有権に基づく返還請求権を行使して、甲土地の明渡しを求めることができる(平29-7-オ)。


Q4
 共有者の一人が共有者間の協議に基づかないで共有地を第三者に賃貸している場合には、他の共有者は、当該第三者に対して、当該共有地の明渡しを請求することができる(平19-10-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



A1 誤り

 単独では解除することができません。


 共有者が、共有物の賃貸借契約を解除する場合、その持分価格の過半数をもって決します(民法252条)。


 これは、共有物の管理行為に当たるからです(最判昭39.2.25、解除権の不可分性の例外)。


A2 誤り

 当然には明渡しを求めることはできません(最判昭41.5.19)。


 Aには、共有物の全部を使用することができる権原があるからです。


A3 正しい


 そのとおり、正しいです。


 不法占拠者への明渡しは、共有物の保存行為として、共有者のうちの一人からすることができます。


 この場合、他の共有者の同意は不要です。


A4 誤り

 共有者の一人が勝手に賃貸している場合でも、その第三者のする占有は、正当な権原に基づくものであり、不法占拠ではありません。


 そのため、他の共有者は、その第三者に当然に明渡しを求めることはできません(最判昭63.5.20)。


 Q3の第三者が不法に占有している場合と、よく比較しておくといいでしょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 度々、本ブログでも告知してきましたが、本日5月7日(月)から、いよいよ今年の本試験の願書の受付がスタートします。


 受付期間は、5月7日(月)から、5月18日(金)までです。


 受験予定の方は、忘れないようにしましょう。


 ちなみに、私が合格した年は、占いなんかを参考にして、なるべく早めで、かつ、縁起の良い日に提出するなどして、験を担ぎました(笑)



 いつくらいに出しに行くのかを、早めに決めておくといいですよね。


 個人的には、早めに提出することをオススメします。


 また、郵送でも申込みはできますが、可能であれば、法務局に直接提出しにいくのがいいかなと思っています。


 法務局は司法書士も出入りしていますし、色々な意味で、モチベーションアップになると思います。


 とりあえず、忘れないうちに早めに出しましょう。


 では、また更新します。



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

   ↑
 頑張ろう!直前期!
 記事読んだよという足跡として、合格祈願の応援クリックお願いします(^^)