So-net無料ブログ作成

1年コーススタート!頑張りましょう!(心のささやき) [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日、4月10日(火)は、2019目標の1年コース、民法第1回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 先日の講義で、ようやく全体構造編も終わり、ここから本格的に民法がスタートします!


 全体構造編から引き続き受けていただいているみなさん、そして、民法第1回目からスタートするみなさん。


 これから、2019年の本試験に向けて、コツコツと頑張っていきましょう!


 9月には、少し早くスタートしている20か月コースのみなさんと合流していくことになります。


 長いようで短い本試験までの道のりですが、合格目指して頑張りましょう!


 今回の講義では、主に、物権変動の対抗要件、即時取得を解説しました。


 また物権編に入ったときに改めて解説するとはいえ、今のうちから大事なところはよく頭に入れておきましょう。


 今回のところでは、4つの引渡しの方法と、どうして即時取得のような制度があるのか。


 そこをよく理解しておくといいかなと思います。


 法律には、色々と意味がありますからね。制度趣旨から、少しずつ理解を深めていくといいと思います。


 では、今回のテーマの中から、基本的な過去問をピックアップしておきます。


 直前期のみなさん、20か月のみなさんには、復習のきっかけにしてくれればと思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Aが所有する動産甲をBに賃貸している場合において、Aが動産甲をCに譲渡した。この場合において、Cが指図による占有移転による引渡しを受けるためには、AがBに対して以後Cのためにその物を占有することを命じ、Cがこれを承諾することが必要である(平23-8-ウ)。


Q2
 Aの所有する甲動産を保管しているBが、甲動産を自己の所有物であると偽ってCに売却し、占有改定により甲動産を引き渡した場合には、Cは、Bが所有者であると信じ、かつ、そう信じるにつき過失がないときであっても、その時点で甲動産を即時取得することはできない(平17-9-ウ)。


Q3
 占有の取得が簡易の引渡しによる場合には、即時取得は認められない(平9-15-ウ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



A1 正しい

 そのとおり、正しいです(民法184条)。


 本問は、指図による占有移転についての問題ですね。


 誰が誰に指図をし、誰が承諾をするのか。


 その点をよく確認しておきましょう。


A2 正しい

 そのとおり、正しいです(最判昭35.2.11)。


 占有改定による引渡しによっては、即時取得は認められません。



 これは定番の知識といえますから、今のうちからしっかり頭に入れておく問ですね。


A3 誤り

 簡易の引渡しによって、即時取得をすることができます。


 4つの引渡しの方法のうち、即時取得の成立が認められないのは、占有改定による引渡しのみです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以下、私の心のささやきです。


(最近、民法第1回目の講義では、怪しげな体験受講の方を見かけます。)


(20か月コース開講の時もそうでした。)


(その特徴は、マスクをした女性で、講義中ほとんどメモを取らない。)
 

(きっかり1時間のみで帰っていく。講義についての質問すらしない。)


(体験受講の受講証すら提出しないで帰る。)


(この日も、それに当てはまる女性の方が参加しておりました。)


(怪しいなあと思いながら見ていたら、やはり、きっちり1時間で姿を消してしまわれました。)


(毎回、同じ人ではないと思いますが、何だかなあです。)


 今度見かけたときは、何かアクション起こそうかな(笑)


 他の予備校の方であったとしても、せっかくの機会なんですから、せめて3時間きちんと受けてくれるといいのに。


 無駄な時間は過ごさせませんよ(^^)


 それはともかく、真剣に合格を目指している方で、司法書士試験の学習や講座の受講について不明な点がある方は、いつでも気軽に質問してください。


 私が、しっかりと対応いたします。


 では、今日も一日頑張りましょう!


 また更新します。



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
   ↑
 ジャイアンツ、今日こそ連敗脱出お願いします!(泣)
 記事読んだよという足跡として、合格祈願の応援クリックお願いします(^^)