So-net無料ブログ作成

何だかんだと民法 [司法書士試験・民法]


 
  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日は、一日中、寒かったですね。


 今日も、予報を見る限り、気温は低めです。


 やはり、この時期、気温差が激しいだけに、体調管理にはくれぐれも気をつけたいところですね。


 ということで、早速、過去問をピックアップしておきます。


 今回は、タイトルにもあるとおり民法です。


 先日の直前期の講座でも民法を解説しましたが、この試験、何だかんだと民法が一番大事です。


 先週の2019目標の全体構造編の講座でも、私の講座出身の合格者の方の言葉を紹介しましたが、その人も何だかんだと民法、と言ってましたよね。


 本試験では、民法でしっかりと得点できるように、この直前期、準備をしていきましょう。


 以下、いずれの行為も商行為ではないものとして解答してください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Bの代理人Aは、Bのためにすることを示さずに、CからC所有のマンションを購入する契約を締結した。この場合、当該契約をAがBのために締結することを契約当時Cが知っていたときは、Bは、当該マンションの所有権を取得することができる(平18-4-ウ)。


Q2
 Aの代理人であるBは、Cに対し物品甲を売却した。Bが自己又は第三者の利益を図るために物品甲を売却した場合であっても、それが客観的にBの代理権の範囲内の行為であり、CがBの意図を知らず、かつ、知らないことに過失がなかったときは、Bがした意思表示は、Aに対して効力を生ずる(平22-5-ア)。


Q3
 Aの代理人であるBは、Cに対し物品甲を売却した。BがAのためにする意思をもって、Aの代理人であることを示して、Cに対し物品甲を売却した場合であっても、Bが未成年者であるときは、Bがした意思表示は、Aに対して効力を生じない(平22-5-オ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


A1 正しい

 そのとおりです(民法100条)。

  
 本問は、代理人Aが顕名をしなかった場合の問題です。


 この場合、相手方Cにおいて、Aが本人Bのためにすることを知っていたかまたは知ることができたときは、代理行為の効力は、直接本人に生じます。


A2 正しい

 そのとおり、正しいです(最判昭42.4.20)。


 こちらは、代理権の濫用の問題ですね。


 代理権の濫用とは、代理人が、自己又は第三者の利益を図る目的で、代理権の範囲内の行為をすることをいいます。


 そして、相手方が、代理人のそのような意図を知らず、かつ、知らないことに過失がないときは、代理行為の効果は、本人に帰属します。


A3 誤り

 代理人は行為能力者であることを要しないので、代理人がした意思表示は本人に対して、その効力を生じます(民法102条)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今回ピックアップしたところは、条文や判例の文言をベースに聞いてくることもあれば、今回のように具体的な事例で聞いてくることもあります。


 どちらで聞かれてもきちんと対応できるように、条文や判例をしっかりと確認しておきましょう。


 それでは、今日も頑張りましょう!


 また更新します。




にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
   
 ジャイアンツの調子が、どうもイマイチだ・・・
 記事読んだよという足跡として、合格祈願の応援クリックお願いします(^^)